扇風機

【PJ-N3ASとPJ-L3ASの違い】シャープのプラズマクラスター扇風機の新旧比較

PJ-N3AS

「PJ-N3AS」と「PJ-L3AS」は、ACモーターを搭載したシャープのプラズマクラスター扇風機

複雑な羽根の設計や立体的な首振り機能はありませんが、最もシンプルで財布に優しい低価格が売りとなるモデルです。

そんな両モデルは、発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • PJ-N3AS:2021年4月発売
  • PJ-L3AS:2020年4月発売

 

共通の特徴

  • 「リズム風」機能で自然風のようなナチュラル送風
  • 「リズム風」では連続弱運転より約37%省エネ
  • プラズマクラスター搭載で衣類・ソファなどの消臭も可能

 

以上のような特徴のある両モデルですが、機能・外観・スペックなど違いは一切ありません

2021年のモデルチェンジでは変更点がひとつもなかったので、価格の安い方を選ぶのが正解です。

そこで、この記事では、「PJ-N3AS」と「PJ-L3AS」の価格の違いを比較して、現時点のおすすめモデルを検証します。

 

PJ-N3ASとPJ-L3ASの価格の違い

各モデルの価格をチェックする前に、まずは当シリーズの値動きの傾向を確認しておきましょう。

  • 毎年4月に新モデルが発売され、初値は14,000円前後
  • 底値は7,000円前後

 

ただし、正確には底値はここ最近ブレがあります。

さらに古い2019年モデルでは、大底は5,000円台でしたが、コロナ禍以降は換気・空気循環の需要が高まったことにより、扇風機やサーキュレーターの価格も高止まり傾向にあります。

新型コロナの煽りを受けた2020年モデル「PJ-L3AS」の底値は7,000円前後となりそうです。

というように、年により底値は異なるため上記の価格推移はあくまで参考ですが、値動きの傾向をざっくり頭に入れた上で個々の価格をチェックしてみましょう。

 

PJ-N3AS(2021)の価格

2021年モデル「PJ-N3AS」は、発売時価格はシリーズ傾向どおりの約14,000円でした。

2021年6月現在、底値にはまだ至らず、そろそろ1万円を切るかというところ。

新旧の性能差はないうえに、旧モデルの方が価格が安いので、おすすめモデルとなるのはもう少し先のようです。

 

PJ-L3AS(2020)の価格

2020モデル「PJ-L3AS」は、いま底値圏を推移するおすすめモデルです。

先述のとおり、新型コロナの影響を大きく受けたモデルで、本来底値圏を推移する2020年の夏に価格が下がりきらず。

しかし、2021年の春以降、価格をグッと下げて、今まさに買いの時期と言えそうです。

やがて在庫減とともに価格上昇し、新モデルと価格が入れ替わるでしょうが、それまではおすすめです。

 

以上、「PJ-N3AS」と「PJ-L3AS」の違いをお届けしました。

ナナ
価格は日々変動するから、リアルタイムの価格を比較してみてね!

-扇風機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.