扇風機

【PJ-N3DGとPJ-L3DGの違い】シャーププラズマクラスター扇風機の最上位モデルを新旧比較

PJ-N3DG

「PJ-N3DG」と「PJ-L3DG」は、ともにシャープのプラズマクラスター扇風機の最上位モデルで、背の高いハイポジションシリーズ。

そんな同じシリーズの両モデルは、発売された年が異なる新旧モデルの関係となります。

  • PJ-N3DG:2021年4月発売
  • PJ-L3DG:2020年4月発売

 

ナナ
両モデルとも、次のような特徴を持ってるよ!

共通の特徴

  • トリプル・ネイチャーウイングで羽根21枚相当のなめらかな風を生み出す
  • プラズマクラスター搭載で、衣類・ソファの消臭やタバコ付着臭の除去
  • 風量を自動調整するセンサー搭載
  • 細やかな33段階の風量調整
  • 静音&低消費電力設計
  • 上向き50℃の広角と、高さMAX1,110mmにより人に風を当てずに空気循環が可能

 

以上のように、シャープ扇風機ハイエンドモデルの名に恥じぬ多機能っぷりですが、肝心の両モデルの違いはどこにあるのでしょうか。

結論となりますが、「PJ-N3DG」と「PJ-L3DG」に違いはありません。

外観、機能、スペック、全て同じです。

ナナ
毎年定例のモデルチェンジで名前が変わっただけだね

 

つまり、どっちがおすすめかを判断する基準は価格にしかないということですね。

そこで、この記事では両モデルの価格を比べることで、現時点のおすすめモデルを検証していきたいと思います。

 

「PJ-N3DG」と「PJ-L3DG」の価格の違い

「PJ-N3DG」と「PJ-L3DG」は、発売年の異なる新旧モデルの関係でシリーズとしては同一のものというのは先述のとおりです。

両モデルの価格を比較する前に、まずはサクッと当シリーズの値動きの傾向をチェックしておきましょう。

  • 毎年4月発売で、発売時の初値は3万円台の前半
  • 7~8月頃に底値圏となる2万円台の前半を推移
  • 秋以降は値上がり傾向

 

実は、さらに古いモデルの底値は15,000円前後でした。しかも、底値圏の期間ももっと長かったのですが、2020年モデル「PJ-L3DG」の価格推移は上のとおりでした。

コロナ禍で、換気や空気循環の需要が高まったので、サーキュレーター機能も有する高機能扇風機の需要が増え、価格も従来より高止まった印象です。

2021年の価格推移の傾向は不明ですが、新型コロナがまだまだ落ち着かないことから、昨年と同様の価格推移をイメージしておくのが無難でしょう。

ナナ
ということで、以上を踏まえて個々の価格をチェックしてみよう!

 

PJ-N3DG(2021)の価格

まずは、最新2021年モデル「PJ-N3DG」の価格から見てみましょう。

「PJ-N3DG」は2021年4月に発売されましたが、シリーズの傾向に漏れず、発売時の初値は約33,000円。

5月に入るとガクッと2万円台の後半まで下がり、横ばいに推移して今に至ります。

シリーズの傾向に従うなら、7月にはもう一段階下がって底値圏へ向かって欲しいところ。

2021年6月時点では、型落ちとの価格差があまりないので、価格差をチェックして安い方を選ぶのが正解でしょう。

 

PJ-L3DG(2020)の価格

続いて、型落ち2020年モデル「PJ-L3DG」ですが、先に書いたように当モデルは従来の底値まで落ちなかったモデルです。

2020年8月には一瞬2万円を切るシーンもありましたが、さらに安くならずに価格上昇して今に至ります。

新旧の価格が同程度のうちは比較して安い方を選ぶのがおすすめですが、じきに新モデルの方が安くなるので、当モデルを選ぶメリットはなくなっていくでしょう。

 

以上、「PJ-N3DG」と「PJ-L3DG」の新旧比較をお届けしました。

ナナ
価格は日々変動するから、価格に開きが出るまでは両方要チェックだね!

-扇風機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.