扇風機

【PJ-N2DSとPJ-L2DSの違い】シャーププラズマクラスター扇風機の新旧比較

PJ-N2DS

「PJ-N2DS」と「PJ-L2DS」は、プラズマクラスターを搭載したシャープ扇風機のスタンダードモデル。

両モデルは、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • PJ-N2DS:2021年4月発売
  • PJ-L2DS:2020年4月発売

 

共通の特徴

  • 鳥の羽根を参考にしたネイチャーウイング
  • 上下に約100°、左右に約90°の立体的に首を振る「3Dターン」
  • 約2.4kgの軽量コンパクト設計
  • プラズマクラスターで衣類・ソファの消臭やタバコ付着臭の除去
  • 細かい8段階の風量調整
  • 静音、低消費電力設計

 

以上のような共通の特徴を持つ両モデルですが、実は中身に違いはありません。

2021年のモデルチェンジでは変更点がひとつもないので、選ぶ際のポイントは価格のみです。

そこで、この記事では、「PJ-N2DS」と「PJ-L2DS」の価格の違いを比較して、現時点の買いモデルを検証していきます。

 

「PJ-N2DS」と「PJ-L2DS」の価格の違い

各モデルの価格をチェックする前に、まずは当シリーズの値動きの傾向を確認しておきましょう。

  • 毎年4月に発売され、初値は2万円台中盤
  • 7~8月頃に底値となる1万円台前半へ

というのが、このシリーズの大まかな値動きの傾向です。

ナナ
以上を踏まえて各モデルの価格をチェックしてみよう!

 

PJ-N2DS(2021)の価格

最新2021年モデル「PJ-N2DS」は、2021年4月に発売されましたが、シリーズの傾向どおり24,000円前後の初値をつけた後、価格を下げているところ。

2021年6月現在、まだ底値には到達しておらず、旧モデルの方が安いため、今はまだおすすめモデルとは言えません。

 

PJ-L2DS(2020)の価格

型落ち2020年モデル「PJ-L2DS」は、いま底値圏を推移するおすすめモデルです。

2020年4月に初値約25,000円前後でスタートした当モデルは、夏にあまり値段が下がりきらないイレギュラーがありましたが、発売から1年以上経過した今現在、大底を推移しているところです。

6月頃のシャープ製他シリーズの価格の特徴としては、旧モデルは底値圏から上昇し、新モデルも価格が下がりきらず、どっちも微妙という状況が多いです。

しかし、当モデル「PJ-L2DS」は、単独で底値圏を推移しており、今まさに買いのおすすめモデルと言えます。

ナナ
新旧の性能差がないから安い方の一択だね!

 

以上、「PJ-N2DS」と「PJ-L2DS」の違いをお届けしました。

価格は日々変動するうえ、この時期は新モデルの価格急落期でもあるので、価格の入れ替わりには注意してくださいね。

-扇風機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.