扇風機

【PJ-P2DS・PJ-N2DS・PJ-L2DSの違い】シャーププラズマクラスター扇風機の新旧比較

PJ-P2DS

「PJ-P2DS・PJ-N2DS・PJ-L2DS」は、プラズマクラスターを搭載したシャープ扇風機のスタンダードモデル。

それぞれ、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • PJ-P2DS:2022年4月発売
  • PJ-N2DS:2021年4月発売
  • PJ-L2DS:2020年4月発売

 

共通の特徴

  • 鳥の羽根を参考にしたネイチャーウイング
  • 上下に約100°、左右に約90°の立体的に首を振る「3Dターン」
  • 約2.4kgの軽量コンパクト設計
  • プラズマクラスターで衣類・ソファの消臭やタバコ付着臭の除去
  • 細かい8段階の風量調整
  • 静音、低消費電力設計

 

以上のような共通の特徴を持っている「PJ-P2DS・PJ-N2DS・PJ-L2DS」は、実は中身に違いはありません

最近のモデルチェンジでは変更点がひとつもないので、選ぶ際のポイントは価格のみです。

そこで、この記事では、各モデルの価格の違いを比較して、現時点のおすすめモデルを検証していきます。

 

PJ-P2DS・PJ-N2DS・PJ-L2DSの価格の違い

各モデルの価格をチェックする前に、まずは当シリーズの値動きの傾向を確認しておきましょう。

  • 毎年4月に発売され、初値は2万円台中盤
  • 7~8月頃に底値となる1万円台前半へ

というのが、このシリーズの大まかな値動きの傾向です。

ナナ
以上を踏まえて各モデルの価格をチェックしてみよう!

 

PJ-P2DSの価格

2022年4月発売の最新モデル「PJ-P2DS」の発売時価格は、安いもので2.6万円くらいが多い印象。

今後、徐々に価格が下がっていくでしょうが、しばらくは旧モデルよりも価格が高くメリットがありません。

過去モデルに倣って底値圏への到達が7~8月頃とするならば、その直前の2022年の6~7月頃には価格も下がってきて選択肢に入ってくるイメージでしょうか。

それまでの間は、個人的には旧モデル推しです。

 

PJ-N2DSの価格

2021年4月発売の「PJ-N2DS」は、1万円台の中盤あたりを推移しており、価格的には底値圏にあるモデル。

2022年4月時点で、高いものは2万円オーバーですが、安いものは1.5万円くらいでもみかけます。

1.5万円前後の「PJ-N2DS」がを見つけられたらおすすめです。

 

PJ-L2DSの価格

2020年4月発売の「PJ-L2DS」は、古いモデルながら1万円台の中盤を推移する価格的におすすめのモデル

後継の「PJ-N2DS」と最低価格を競ることも多い状態で、製造年の古ささえ気にならなければ有力な選択肢となります。

価格は日々変動するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

結論|おすすめは?

現時点のおすすめは、2021年モデル「PJ-N2DS」です。

理由は、新旧の機能差がないなかで価格が安いからですね。

ただし、先述のとおり2020年モデル「PJ-L2DS」も、まだまだ相当安いので、両モデルを比較して安い方を選ぶのが正解です。

 

おすすめ|2021年モデル「PJ-N2DS」

 

まだまだ安い|2020年モデル「PJ-L2DS」

 

以上、「PJ-P2DS・PJ-N2DS・PJ-L2DS」の違いをお届けしました。

-扇風機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.