炊飯器

【SR-HX100とSR-HX109の違い】おどり炊き新旧モデル比較

SR-HX100

「SR-HX100」と「SR-HX109」は、パナソニックのIHジャー炊飯器の新旧モデルという関係です。

  • SR-HX100:2020年モデル
  • SR-HX109:2019年モデル

こちらの新旧の炊飯器は、パナソニック炊飯器の中でも上位モデルにあたる「おどり炊き」シリーズです。

内釜全部を包み込む「5段全面IH」搭載だからできる「大火力おどり炊き」が魅力で、ムラなくお米を加熱し、甘みともちもち食感のあるご飯を炊くことができます。

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

SR-HX100とSR-HX109の違いを調べてみると、1つだけ変更点がありました。

 

どこが変わったのか、気になりますよね。
この記事では、

  • 機能の違い
  • 仕様の違い
  • 価格の新旧比較

などの観点から、SR-HX100とSR-HX109の違いをわかりやすく分析し、どちらを購入するのがよりお得になるのかを確認します。

ぜひ、比較検討の参考にしてくださいね。

 

SR-HX100とSR-HX109の違い

前述したように、新モデルのSR-HX100には、旧モデルのSR-HX109からの変更点が1つだけあります。

  • 「炊き込みご飯コース」が新しくなった
ナナ
具体的に見てみよう!

 

「炊き込みご飯コース」が新しくなった

新旧両モデルにある「炊き込みご飯コース」ですが、新モデルではさらに性能が進化しておいしく炊けるようになりました。

ナナ
何がどう変わったの?

新モデルでは炊飯工程に低温前炊きと、高火力での沸騰が加わりました。

低温で長時間浸漬することで、だしや調味料の味がしっかりと染み込み、さらに沸騰時の火力アップで炊きあがりのべたつきが軽減。

一粒一粒がほぐれやすくハリのある、おいしい炊き込みご飯が炊けるようになりました。

 

一点気を付けたいのは炊飯時間。

新制御になったことで、旧モデルで48~55分だった炊飯時間が、新モデルでは51~63分と若干長くなりました。

ナナ
数分の差なら気にしなくても良さそうだね!

 

仕様の変化はなし

「SR-HX100」と「SR-HX109」の商品仕様はまったく同じです。

型番 炊飯量 カラー 外形寸法 ふた開き時の高さ 重さ 1回あたりの炊飯時消費電力量 1時間あたりの保温時消費電力
SR-HX100(2020) 5.5合 スノーホワイト 25.0×32.1×20.1cm 43.4cm 約4.7kg 154Wh 14.9Wh
SR-HX109(2019) 5.5合 スノーホワイト 25.0×32.1×20.1cm 43.4cm 約4.7kg 154Wh 14.9Wh

 

また、これまでご紹介した特徴や機能も含めて、以下の機能が新旧両モデルに共通しています。

  • 5段全面IH(底面と側面だけでなくふたにもIHを搭載することで包み込むような加熱を実現)
  • 大火力おどり炊き(IHを高速で切り替えることで激しい対流を起こしてお米を踊らせふっくらと炊き上げ)
  • ダイヤモンド銅釜 蓄熱コート(銅の上にさらに蓄熱コートを施して蓄熱性をアップ)
  • 甘み早炊きコース(浸水時間と温度の制御で甘みを引き出しながら最短29分から炊飯)
  • 旨み熟成浸水(アミノ酸が生成される低温で前炊きしてお米の旨みを引き出す)
  • 銀シャリ炊き分け(ふつう・かため・やわらかの3つの食感に炊き分け可能)
  • 9メニュー(玄米、雑穀米、すしめし、おかゆなどの9メニューの炊き分けが可能)
  • 玄米時短(手間がかかる玄米も短時間で炊き上げ)
  • 金芽ロウカット玄米コース(白米感覚で食べられる「金芽ロウカット玄米」専用コース)
  • いきいき保温(温度をコントロールすることで保温によるパサつきやにおいを抑える)
  • うま味キャッチャー(「おねば」を蓄えて還元するためのタンクで旨みを逃さず炊き上げ)
  • ケーキコース(ホットケーキミックスと材料を入れてボタンを押すだけでケーキが完成)
  • フラット天面パネル(気になる汚れや指紋など拭き取りやすいフラット仕様)
  • ダイヤモンドハードコート3年保証(ダイヤモンドコートが剥げてしまったら無料で交換が可能)
ナナ
玄米コースが充実しているから健康志向の人にうれしいね!

 

価格の違いを比較

旧モデル「SR-HX109」は、2019年9月に発売され、初値は3万円台後半という価格でしたがじわじわと下降していき、9ヶ月後には2万円台前半に突入。

その後価格は数千円単位で上下しながら推移し、現時点では2万円台中盤になっています。

 

一方、新モデル「SR-HX100」は2020年9月に発売され、初値は4万円台中盤でしたが、こちらもゆっくりと下降してき、2021年に入ってから2万円台中盤に突入。

1月中盤以降は少し上昇し、3万円前後を推移しています。

 

【結論】おすすめは?

以上、パナソニックのIHジャー炊飯器の新旧モデル、「SR-HX100」と「SR-HX109」の機能や仕様を比較しました。

こちらの新旧モデルの変更点は「炊き込みご飯コース」が新しくなったのみで、他の機能や仕様はまったく同じでしたね。

ナナ
となると、選ぶ基準は価格かな!

個人的には、価格が同程度であれば若干性能のよい新モデルをおすすめしますが、旧モデルの方が安ければ、旧モデルをおすすめする程度の機能差かなと感じます。

機能性と価格差を考慮した上で、それぞれの家庭にあった炊飯器を選んでくださいね。

 

2020年モデル

 

2019年モデル

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.