炊飯器

【SR-VSA100 とSR-SPA109の違い】Wおどり炊き新旧モデル比較

SR-VSA100

「SR-VSA100」と「SR-SPA109」は、パナソニックの可変圧力IHジャー炊飯器の新旧モデルという関係です。

  • SR-VSA100:2020年モデル
  • SR-SPA109:2019年モデル

こちらの新旧の炊飯器は、パナソニック炊飯器の中でも高級モデルにあたる「Wおどり炊き」シリーズ。

IH切替と可変圧力で激しく対流を起こす「Wおどり炊き」で、甘みと旨みをとじこめた、ふっくらもちもちのご飯が炊けるのが魅力です。

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

SR-VSA100とSR-SPA109の違いを調べてみると、新機能の追加と元機能のバージョンアップを含む4つの変更点がありました。

 

どこが変わったのか、気になりますよね。
この記事では、

  • 機能の違い
  • 仕様の違い
  • 価格の新旧比較

などの観点から、SR-VSA100とSR-SPA109の違いをわかりやすく分析し、どちらを購入するのがよりお得になるのかを見ていきましょう。

ぜひ、比較検討の参考にしてくださいね。

 

SR-VSA100とSR-SPA109の違い

前述したように、新モデルのSR-VSA100には、旧モデルのSR-SPA109からの変更点が4つあります。

  • 「鮮度センシング」が搭載された
  • 「加圧追い炊き」が新しくなった
  • 「炊き込みご飯専用コース」が新しくなった
  • 「銀シャリ少量炊飯」がなくなった

さっそく、新旧モデルの違いを見ていきましょう。

 

「鮮度センシング」が搭載された

新モデルには、旧モデルにはない「鮮度センシング」が搭載されました。

ナナ
「鮮度センシング」って何なの?

「鮮度センシング」は、お米の鮮度を「圧力センサー」で検知し、自動で炊き方を調整してくれる機能のことです。

精米直後のお米は約14%の水分を含んでいますが、常温保存2週間で含水率は約12%まで減少するそうです。

でも、購入後2週間以内に食べきるのは難しいですよね。

そんな乾燥米も「鮮度センシング」なら、ハリのあるふっくらとした炊きあがりにしてくれるのです。

ナナ
まとめ買い派にも嬉しいね!

 

「加圧追い炊き」が新しくなった

  • SR-VSA100(新):加圧追い炊きPlus
  • SR-SPA109(旧):加圧追い炊き

旧モデルにもあった「加圧追い炊き」ですが、新モデルでは「加圧追い炊きplus」としてバージョンアップしました!

圧力を細かくコントロールすることが可能になり、お米の芯までしっかりと加熱することができるようになりました。

表面のハリはそのままに、ふっくらとしたご飯が炊きあがります。

 

「炊き込みご飯専用コース」が新しくなった

旧モデルからあった「炊き込みご飯専用コース」。

新モデルではより炊きあがりがほぐれやすいよう、お米の浸漬時間や温度を調整してくれるようになりました。

低温で前炊きし、その後一気に高火力で炊き上げることでしっかりと味が染み、べたつかない美味しい炊き込みご飯が完成します。

ハチ
炊きあがりがべちゃっとならないのは嬉しいね!

 

「銀シャリ少量炊飯」がなくなった

ここまでは、すべて旧モデルから追加された、またはバージョンアップされた機能をご紹介してきましたが、旧モデルから新モデルになって無くなった機能もあります。

それは、「銀シャリ炊き分け」機能の中の「少量炊飯」コース。

ただ、こちらは「1合程度の少ないお米でも美味しく炊き上げるよ」というコースなので、旧モデルから炊飯性能が高くなっていることを考えたら、変化はあまり気にしなくてもいいのかもしれませんね。

 

仕様の変化はサイズのみ

「SR-VSA100」と「SR-SPA109」の商品仕様ですが、新モデルは新機能搭載に伴ってサイズも重さもアップしています。

新モデルはボタンもフラットに、よりすっきりとスタイリッシュな見た目が特徴です。

型番 炊飯量 カラー 外形寸法 ふた開き時の高さ 重さ 1回あたりの炊飯時消費電力量 1時間あたりの保温時消費電力
SR-VSA100(2020) 5.5合 ブラック 27.5×36.1×23.4cm 46.8cm 7.7kg 158Wh 14.8Wh
SR-SPA109(2019) 5.5合 ブラック 26.6×33.8×23.3cm 46.0cm 6.8kg 160Wh 14.6Wh

 

また、これまでご紹介した特徴や機能も含めて、以下の機能が新旧両モデルに共通しています!

  • 大火力おどり炊き(底面と底側面のIHを高速で切り替えて強力な泡の対流を生み出す)
  • 可変圧力おどり炊き(加圧と減圧を繰り返すことで対流を生み出す)
  • Wおどり炊き(上記2つのおどり炊きで甘味ともちもち感のある仕上がりに)
  • 旨み熟成浸水(低温で前炊きすることで水をしっかり浸透させて旨みを引き出す)
  • 220℃高温スチーム(高温スチームで表面をコーディングすることで旨みとハリのある仕上がりに)
  • 全面発熱6段IH(釜全体を包み込むように6段ものIHを搭載)
  • ダイヤモンドかまど釜(熱効率に優れたかまど釜を使用)
  • うまみ循環タンク(うまみの素になる「おねば」を貯めて炊きあがり前に戻します)
  • 食感自在炊き分け(銀シャリ、かため、やわらか、もちもち、しゃっきりの5種類の食感に炊き分けます)
  • 13メニュー(玄米、雑穀米、おかゆなどメニューに合わせた13のコースがあります)
  • スチーム保温(定期的にスチームを噴射することでパサつきを抑えます)
  • スチーム高速コース(スチーム噴射で高速炊飯も美味しくします)
  • 玄米高速コース(玄米ごはんが最短で65分~炊きあがります)
  • フラット天面パネル(さっと拭くだけでボタンまわりも清潔に保てます)
ナナ
さすが高級モデル!炊飯性能を高める機能が豊富だね!

 

価格の違いを比較

旧モデル「SR-SPA109」は、2019年6月に発売され、初値は9万円台後半という価格でした。

2019年後半から2020年春頃に底値となる5万円弱に達しましたが、それ以降価格が上昇しています。

2020年の後半以降6万円前後を推移していますが、じわじわと価格が上がりつつあるので、今後の動向に注意が必要ですね。

 

一方の新モデル「SR-VSA100」は、2020年6月に発売され、初値は10万円弱という金額でしたが、ゆっくりと下降していき約半年で7万円台に突入。

数千円の前後がありつつ、2020年後半以降は7万円代を推移しています。

 

【結論】おすすめは?

以上、パナソニックの可変圧力IHジャー炊飯器の新旧モデル、「SR-VSA100」と「SR-SPA109」の機能や仕様を比較しました。

昨今のモデルチェンジは「メニューが1つ加わっただけ」など、機能や性能にほとんど変わりがないことも多いので、炊飯機能の追加は注目すべきポイントです。

 

ナナ
改めて新モデルで追加された機能をおさらい!
  • 鮮度センシング:鮮度を見極めて炊き方を調整ができるように
  • 加圧追い炊きplus:より細かな圧力コントロールで、芯までふっくらと炊きあがり
  • 炊き込みご飯専用メニュー:炊飯工程が見直されて、べたつきを抑えられるように

 

新モデルの方が、基本的に性能は充実していますが、価格差も重要なポイントです。

個人的な結論としては、数千円の価格差であれば新モデルがおすすめだと感じました。

価格は日々変動していくため、それぞれの値段をチェックして最適な炊飯器を選んでくださいね。

 

2020年モデル

 

2019年モデル

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.