炊飯器

【JPL-S100とJPL-G100の違い】タイガー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」の新旧比較

JPL-S100

「JPL-S100」と「JPL-G100」は、両方ともタイガー魔法瓶「炊きたて」シリーズの土鍋圧力IHジャー炊飯器です。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係

  • JPL-S100:2022年7月発売
  • JPL-G100:2021年6月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の3つ。

新旧の違い

  • 「連続ノンストップ加熱」機能が新搭載
  • 「抗菌加⼯しゃもじ」を新採用
  • カラーバリエーション

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の3つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

タイガー炊飯器の全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

JPL-S100とJPL-G100の違い

はじめに書いたとおり「JPL-S100」と「JPL-G100」の違いについて、ポイントとなるのは次の3点。

  • 連続ノンストップ加熱
  • 抗菌加⼯しゃもじ
  • カラーバリエーション
ナナ
3つの違いを順番に紹介していくよ!

 

 

連続ノンストップ加熱」機能が新搭載

新モデル「JPL-S100」では、土鍋ご泡火炊きに「連続ノンストップ加熱」機能が新搭載されました。

吹きこぼれが原因で断念していた理想の火力を、独自開発の「ハリつやポンプ」からフタ内部に風を送ることで解決。

約106度の火力時間を「JPL-G100」と比べ約1.5倍長くキープできるようになりました。

 

ナナ
高火力をキープするとどうなるの?

大火力でじっくりと炊きあげることで、お米の糊化を促進し、薪火で炊きあげるような「かまどごはん」の味を炊飯器で実現。

その結果、旧モデル「JPL-G100」と比較するとごはんの甘み・粘りが進化しています。

  • ごはんの甘み:約17%UP
  • ごはんの粘り:約3%UP

 

「抗菌加⼯しゃもじ」を新採用

新モデル「JPL-S100」では、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証の抗菌加⼯しゃもじを新採⽤。

抗菌効果で⼤腸菌や⻩⾊ブドウ球菌などの増殖を抑えるため、より安⼼して使用することができます。

 

カラーバリエーション

新旧モデルを比較すると、カラーバリエーションが変更になりました。

といっても、実はさほど変わっておらず、カラー名称の変更があったもののベースカラーはブラックとホワイトのまま。

JPL-S100(新) ・ストレートブラック
・ミストホワイト
JPL-G100(旧) ・ミネラルブラック
・エクリュホワイト

 

実際にイメージを見てみましょう。まずは新モデルから。

JPL-S100のカラー

 

続いて旧モデル。

JPL-G100のカラー

 

ナナ
見た目の印象にも大きな変化はないね!

 

新旧モデル共通の特徴

以上が新旧モデルの主な違いですが、両モデルの価格を比較する前に、本シリーズの特徴を把握するため共通機能もサクッと紹介します。

ナナ
かっこ内は機能の概要だよ!
  • 本土鍋(本物の土からできた蓄熱性の高い内鍋)
  • 土鍋ご泡火炊き(最⾼温度約280度でごはんの⽢みを引き出す)
  • 3段階火かげん選択(土鍋ならではのおこげが楽しめる火加減選択)
  • 食感炊きわけ5段階(しゃっきり~もっちりまで5段階)
  • 多段階圧力機構(圧力コントロールで繊細な温度調節)
  • ハリつやポンプ(過剰な熱と蒸気を除いてハリと弾力を保つ)
  • おひつ保温(ごはんの香りと弾力を保つ保温)
  • 銘柄巧み炊きわけ(70銘柄の炊き分け)
  • 一合料亭炊き(少量でも美味しく炊飯)
  • タッチパネル操作(タッチパネル操作で本体ボタンは最小限)

 

多彩な機能を備えるJPLシリーズは、

  • 「家電⼤賞 2020-2021」炊飯器部⾨・⾦賞
  • 「家電批評」2021年度ベストバイオブザイヤー
  • 「MONOQLO」2021年度ベストバイオブザイヤー

などなど、家電系アワードで計8冠と、とても評価の高い製品です。

ナナ
さすがタイガーのハイエンドモデル!

 

JPL-S100とJPL-G100の価格を比較

ここまで「JPL-S100」と「JPL-G100」の機能的な違いを中心に解説しましたが、最後に両モデルの現時点の価格を比較してみましょう。

 

JPL-S100の価格

2022年7月発売の新モデル「JPL-S100」の発売時価格は14万円前後でしたが、発売後、徐々に価格が下落。

2022年10月時点では、安いもので9万円台あたりを推移しています。

旧モデルとの比較では、「連続ノンストップ加熱」機能により、甘みと粘りがアップしている点は魅力的ですが、価格は高めなのでまだ少し手を出しづらいです。

 

JPL-G100の価格

2021年6月発売の旧モデル「JPL-G100」は、価格的に今おすすめのモデル

発売時価格は新モデルと同程度でしたが、2022年10月時点では安いもので7万円台で推移しています。

発売時の半額近くまで価格が落ちており、だいぶ値頃感出てきており、価格重視の場合には有力な選択肢となるでしょう。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「JPL-G100」です。

理由は、機能差よりも価格差の方に魅力を感じるため。

新モデルの方が機能的には優秀なため、新旧の価格差がなくなると新モデルの一択ですが、個人的にはもう少し価格差が縮まるまでは旧モデル推しです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「JPL-S100」と「JPL-G100」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.