炊飯器

【SR-MPB100とSR-PB109の違い】可変圧力おどり炊き新旧モデル比較

 

SR-MPB100

「SR-MPB100」と「SR-PB109」は、パナソニックの可変圧力IHジャー炊飯器の新旧モデルという関係です。

  • SR-MPB100:2020年モデル
  • SR-PB109:2019年モデル

こちらの新旧の炊飯器は、特許を取得した「可変圧力おどり炊き」を搭載した「おどり炊き」シリーズ。

加圧と減圧を繰り返すことで、釜内に激しく対流を起こし、お米を芯まで加熱して甘みのある、もちもち食感の炊きあがりになるのが魅力です。

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

SR-MPB100とSR-PB109の違いを調べてみると、炊飯性能とコース内容と見た目に4つの変更点がありました。

 

どこが変わったのか気になりますよね。

ということで、この記事では、

  • 機能の違い
  • 仕様の違い
  • 価格の新旧比較

などの観点から、SR-MPB100とSR-PB109の違いをわかりやすく分析し、どちらを購入するのがよりお得になるのかを見ていきましょう。

ぜひ、比較検討の参考にしてくださいね。

 

SR-MPB100とSR-PB109の違い

前述したように、新モデルのSR-MPB100には、旧モデルのSR-PB109からの変更点が4つあります。

  • 「可変圧力おどり炊き」が新しくなった
  • 「少量炊飯コース」が追加された
  • 「冷凍用ごはんコース」がなくなった
  • 「鋳物調デザイン」になった

さっそく、新旧モデルの違いを見ていきましょう。

 

「可変圧力おどり炊き」が新しくなった

新モデルでは旧モデルの「おどり炊き」からさらに新制御で、旧モデルよりももっとハリのある炊きあがりが実現しました。

その秘密が旧モデルにもあった「うまみ循環タンク」

 

ナナ
「うまみ循環タンク」って何なの?

「うまみ循環タンク」とは、ご飯のうまみの素になる「おねば」を貯めておき、蒸らし時に釜内に戻すためのタンクのこと。

新モデルは旧モデルから約20%容量を大きくしたことで、早いタイミングで対流を起こすことができるようになり、一粒一粒をしっかりと加熱することができるようになったんですね。

 

「少量炊飯コース」が追加された

新モデルには旧モデルにはない「少量炊飯コース」が追加されました。

5.5合モデルで1合だけの少量で炊くと、べちゃっとしがちですが、「少量炊飯コース」では圧力をコントロールしながらおいしく炊き上げてくれます。

 

「冷凍用ごはんコース」がなくなった

旧モデルにあった「冷凍用ごはんコース」。

レンジで解凍するときに、べたつかず美味しく再加熱できるように炊ける機能ですが、こちらは新モデルでは無くなりました。

ナナ
まとめて炊いて冷凍する派には残念だね

 

「鋳物調デザイン」になった

新モデルでは「鋳物調デザイン」になって見た目も変化しました。

スタイリッシュなデザインが、マットなカラーリングになって、よりおしゃれに、キッチンに溶け込みやすくなりました。

 

仕様はほぼ変わらない

「SR-MPB100」と「SR-PB109」の商品仕様はほとんど変わりがありませんが、カラーが旧モデルではホワイト、新モデルではグレーになっています。

型番 炊飯量 カラー 外形寸法 ふた開き時の高さ 重さ 1回あたりの炊飯時消費電力量 1時間あたりの保温時消費電力
SR-MPB100(2020) 5.5合 グレー 27.1×35.2×23.6cm 47.0cm 6.4kg 157Wh 14.0Wh
SR-PB109(2019) 5.5合 ホワイト 28.3×35.1×23.4cm 47.6cm 6.2kg 161Wh 14.4Wh

 

また、これまでご紹介した特徴や機能も含めて、以下の機能が新旧両モデルに共通しています!

  • 全面発熱5段IH(ふたIHつきで全面から大火力で加熱)
  • ダイヤモンドかまど釜(発熱性と蓄熱性に優れたダイヤモンドコーティングのかまど釜を使用)
  • 銀シャリ炊き分け(ふつう・もちもちの2種類に炊き分けが可能)
  • 8メニュー(玄米、炊き込み専用、カレー用などメニューに合わせた8のコースがあります)
  • 旨み熟成浸水(低温前炊きでお米の芯まで浸水させ旨みを引き出します)
  • エコナビ保温(ご飯の量に合わせて省エネしながら保温)
  • いきいき保温(温度コントロールで気になるニオイや黄ばみを抑えておいしく保温します)
  • フラット天面パネル(凹凸が少なくボタンや液晶の掃除が簡単)
ナナ
保温機能も充実しているね!

 

価格の違いを比較

旧モデル「SR-PB109」は2019年7月に発売され、初値は4万円台後半でしたが、約1ヶ月後にはガクッと価格が降下し3万円台に突入。

そこからは日々上下しながらじわじわと価格が下がり、2021年1月時点では、2万円台中盤〜後半を推移しています。

 

一方の新モデル「SR-MPB100」は、2020年7月に発売され、初値は4万円台前半でした。

こちらは3ヶ月経ったほどでガクッと価格が下がり、2万円台に突入。

こちらも2万円台中盤〜後半を推移しています。

 

【結論】おすすめは?

以上、パナソニックの可変圧力IHジャー炊飯器の新旧モデル、「SR-MPB100」と「SR-PB109」の機能や仕様を比較しました。

個人的な結論としては、「おどり炊き」に新制御が追加された新モデルがお得感があり、おすすめだと感じました。

ナナ
ハリがUPした炊きあがりは魅力だよね。

 

仕様も変わらずに価格差もあまりないことが、新モデル推しの理由です。

ただ、「冷凍用ごはんコース」が無くなってしまったため、炊き立て冷凍派であれば意見が分かれるところ。

また、価格は日々変動していくため、今後の新旧の価格差には注目です。

性能と購入時の価格を考慮した上で、最適な炊飯器を選んでくださいね。

 

2020年モデル

 

2019年モデル

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.