炊飯器

【JPV-G100とJPV-A100の違い】タイガー圧力IHジャー炊飯器の新旧比較

JPV-G100

「JPV-G100」と「JPV-A100」は、両方ともタイガーの圧力IHジャー炊飯器で、それぞれ発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • JPV-G100:2023年8月発売
  • JPV-A100:2022年8月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、新モデルで進化した点は次の1点のみ。

新旧の違い

内なべ外側のコーティングの土鍋粉末を増量。

 

細かいことを書くと、新モデルでは炊飯器正面(操作ボタンの下あたり)にあった「TIGER」のメーカー名が消えており、少しすっきりしましたが、機能面では土鍋粉末量のみです。

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の各モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

JPV-G100とJPV-A100の違い

当シリーズの内なべは「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」を採用しています。

素材の異なる金属や様々なコーティングを施すことで5層構造となっており、熱効率や蓄熱性を高めているのが特徴です。

新旧両モデルとも、内なべには土鍋粉末がコーティングされており、土鍋で炊いたような粒立ちの良い、ふっくらしたごはんが炊けるよう工夫を凝らしています。

新モデル「JPV-G100」では、土鍋粉末を増量することで遠赤効果が高まったのがポイントです。

(新)JPV-G100 土鍋粉末コーティングあり(増量)
(旧)JPV-A100 土鍋粉末コーティングあり

 

遠赤効果が高まることで、お米の芯までしっかりと熱を伝えることが可能となり、ふっくらもちもちした美味しいごはんを炊けるのがポイントです。

ただし、旧モデルの内釜も土鍋粉末コートは施されているため、正直、劇的な進化とは呼べないマイナーチェンジの印象。

新モデルの方が性能が高いことは間違いありませんが、新旧比較の際には、以上を踏まえて価格を見ていく必要があります。

 

JPV-G100とJPV-A100の価格を比較

ここまで「JPV-G100」と「JPV-A100」の主な違いを紹介してきました。

ここからは各モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

JPV-G100の価格

2023年8月1日発売の新モデル「JPV-G100」の発売時価格は5万円前後でした。

8月下旬時点では、すでに4万円台前半のものも出てきており、今後も価格は下げていくことが予想されますが、それでもしばらくは旧モデルより高額な状態が続きます。

先述のとおり、主な違いは土鍋粉末がコーティングの量のみなので、価格差が縮まるまでは高額な新モデルは選択肢として微妙でしょう。

 

JPV-A100の価格

2022年8月発売の旧モデル「JPV-A100」は、いま価格的におすすめのモデルです。

2023年8月時点では、安いもので2万円台の中盤に到達しており、価格重視の方にとっても有力な選択肢となってきました。

当シリーズは比較的新しいシリーズで、この旧モデル「JPV-A100」が一番古い型となります。

そのため、価格推移の傾向が読めず底値圏がどのあたりか不明瞭ではありますが、発売時の半値近くまで価格が下がっていることと、

2023年春以降は大きく価格を下げず、概ね横ばいに推移していることを踏まえると、すでに底値圏には入っているのではないかと考えています。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

結論|今のおすすめは?

結論、今のおすすめは旧モデル「JPV-A100」です。

理由は、機能面の違いがほとんどないにも関わらず、旧モデルの価格が圧倒的に安いため。

ただし、今後新モデルの価格が下がり、新旧の価格差が縮まってくれば話が違ってくるので、それまので間は旧モデル推しという結論です。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「JPV-G100」と「JPV-A100」の違いを解説しました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2023 All Rights Reserved.