掃除機

【EC-AR8とEC-AR7の違い】シャープコードレス掃除機の新旧モデルを比較

EC-AR8

「EC-AR8」と「EC-AR7」は、共にシャープのコードレス掃除機「RACTIVE Air(ラクティブエア)」シリーズの軽量モデル。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • EC-AR8:2022年9月発売
  • EC-AR7:2021年8月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、新モデルで変わったのは次の5つ。

新旧の違い

  • 「端までブラシ」の採用
  • 「新スグトル構造」の採用
  • カラー展開
  • グリップセンサーがなくなった
  • ハンドルが抗菌仕様でなくなった

 

当記事では、上に挙げた5つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

EC-AR8とEC-AR7の違い

新旧モデルの5つの違いをまとめたのが次表です。

EC-AR8
(新モデル)
EC-AR7
(旧モデル)
端までブラシ ×
新スグトル構造 ×
本体カラー ・ホワイト
・ブラック
・ピンク
・ゴールド
グリップセンサー ×
抗菌ハンドル ×
ナナ
順番に詳しく解説していくよ!

 

端までブラシ

新モデル「EC-AR8」では、吸込口の端までブラシが届く構造の「端までブラシ」を新搭載。

端までブラシ

引用:シャープ公式

 

壁際のホコリが取れなくて、ストレスを感じたことのある方は少なくないと思いますが、新モデルではよりキワの掃除がしやすくなりました。

 

新スグトル構造

新モデル「EC-AR8」では、吸込口にパイプを装着した状態でも自立する「新スグトル構造」を採用。

ハンディスタイルへの切り替え・隙間ノズルへの交換の際に、かがむ必要なくスムーズに切り替えられるようになりました。

ナナ
足腰への負担が軽減されるよ!

 

カラー展開

新旧モデルを比較するとカラー展開が次のように異なります。

(新)EC-AR8 ・ホワイト
・ブラック
(旧)EC-AR7 ・ピンク
・ゴールド

 

ナナ
実際にカラーイメージを見てみよう!

まずは、新モデルの「ホワイト」と「ブラック」

EC-AR8のカラー

どんな家庭にも合わせやすいシンプルな色合いとなりました。

 

続いて、旧モデルの「ピンク」と「ゴールド」

EC-AR7のカラー

 

ポイントのあるカラーリングとなっており、インテリアの一部として家電にも色味を持たせたい方におすすめです。

 

グリップセンサーがなくなった

新モデル「EC-AR8」ではグリップセンサー非対応となりました。

(新)EC-AR8 なし
(旧)EC-AR7 グリップセンサーあり

 

グリップセンサーとは、ハンドル部分に搭載されたセンサーのこと。

センサー部分から手を離すと運転オフ、握れば運転を再開することができるので、手元スイッチの操作が不要になる機能です。

例えば、掃除中に家具を動かしたりする際に、わざわざ切ボタンを押す必要がなくなります。

ナナ
グリップセンサーをOFF設定にすることもできるよ!

 

ハンドルが抗菌仕様でなくなった

新モデル「EC-AR8」では、ハンドル部分の抗菌仕様が非対応となりました。

ハンドル部分の衛生面がどうしても気になる場合は、旧モデルの方が適しているでしょう。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の機能もサクッと紹介します。

ナナ
かっこ内は機能の概要だよ!
  • 自走パワーアシスト(軽い力でスイスイ進む)
  • 自動モード(汚れ度合いを検知してパワー調節)
  • 超軽量(本体・吸込口・バッテリー・パイプ合わせて1.2kg)
  • からみにく~いブラシ(高密度の縮れたブラシにより毛が絡みにくい)
  • ペタッとヘッド(家具下6㎝のすき間まで入り込む)
  • ちょいかけフック(テーブルの角などに立てかけられるフック)
  • 高性能プリーツフィルター(水で丸洗いできるフィルター)
  • 5つのアタッチメント付属(スグトル・すき間・ハンディ)
  • 専用スタンド付属

 

両モデルの基本的な仕様は同じですが、スティック時のサイズがわずかに異なります。

サイズ
(幅×奥行×高さ)
重さ
(本体、バッテリー、パイプ、吸込口の合計)
連続運転時間 集じん容積
EC-AR8
(新モデル)
スティック時:209×227×957mm
ハンディ時:99×151×386mm
1.2kg 標準モード:約40分
自動モード:約28分
強モード:約11分
013L
EC-AR7
(旧モデル)
スティック時:209×227×982 mm
ハンディ時:99×151×386 mm
同上 同上 同上

 

なお、当シリーズの最大運転時間「約60分」と謳われているのは、隙間ノズルなどの付属ノズル装着時に標準モード運転をする場合です。

標準ヘッド装着時の連続運転時間は上表のとおり最大約40分なので注意しましょう。

ナナ
と言っても40分もあれば充分だね!

 

EC-AR8とEC-AR7の価格を比較

ここまで「EC-AR8」と「EC-AR7」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

EC-AR8の価格

2022年9月発売の新モデル「EC-AR8」の予約時価格は、安いもので6万円前後です。

新旧の機能差は、ここまで見てきたように一長一短なので悩ましいところですが、新モデルは価格面ではまだまだ高額。

過去モデルを参考にすると、発売1~2か月ほどで大きく価格を下げるので、新モデルが欲しい場合は少し様子を見るのがおすすめです。

ナナ
発売後しばらくはAmazonではヒットしないことが多いよ

 

EC-AR7の価格

2021年8月発売の旧モデル「EC-AR7」は、価格的に今おすすめのモデル

発売時価格は新モデルと同程度でしたが、右肩下がりに価格を落とし、新モデル発売月の2022年9月時点では3万円台を推移しています。

搭載機能やカラーの面で「どうしても新モデルに惹かれる」ということでなければ、価格の安い旧モデルも有力な選択肢となるでしょう。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、今のおすすめは旧モデル「EC-AR7」

個人的には、新モデル搭載の「端までブラシ」に一番実用性を感じるところですが、現時点で価格差が圧倒的であることが旧モデル推しの理由です。

やがて新モデルの価格が安くなり価格差が縮まるので、そうなれば新モデル推しですが、それまでの間は総合的な観点で旧モデルがおすすめです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「EC-AR8」と「EC-AR7」の違いを解説しました。

-掃除機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.