掃除機

【PV-B200HとPV-B200Gの違い】日立「自走 & 2in1」の新旧モデル比較

PV-B200H

PV-B200HとPV-B200Gは日立から発売されている、2in1タイプのコードレススティッククリーナーで新旧モデルの関係です。

  • PV-B200H(2020年7月発売)
  • PV-B200G(2019年5月発売)

 

ナナ
同じシリーズで発売された年が違うんだね!中身は何が違うの?

結論から言うと、PV-B200HとPV-B200Gで違いはありません。

家電によくある名前だけ更新されるモデルチェンジですね。

つまり重要なのは価格と言えそうです。

この記事ではPV-B200HとPV-B200Gの価格の違いと主な共通機能を紹介します。

 

PV-B200HとPV-B200Gの価格の違い

家電は発売後に底値に向けて価格が落ちていきますが、PV-B200HとPV-B200Gのシリーズの価格傾向は次のようなイメージです。

  • 初値:2.5~3万円ほど
  • 底値:15,000円前後

過去モデルを見てみると、発売から10ヶ月程度で底値圏に到達することが多いようです。

2020年モデル「PV-B200H」はすでに底値圏に到達しているため、性能に違いのない旧モデルをあえて選ぶメリットも薄いでしょう。

 

PV-B200HとPV-B200Gの共通の特徴

新モデル「PV-B200H」と旧モデル「PV-B200G」の共通している機能についてまとめました。

 

①自走スムースヘッド搭載

ブラシの回転でヘッドが軽快に進み、軽い力で楽に掃除機掛けができます。

壁ぎわのごみも吸引できる「きわぴた構造」も搭載されています。

 

②圧縮サイクロン搭載

ごみと空気を遠心分離し、ごみをぎゅっと圧縮することによってたっぷり掃除ができます。

 

③スティック&ハンディ

スティックの中間部分が取り外し可能で、ハンディとしても使用できます。

家中いろんな場所を掃除することができ大変便利です。

 

④自立機能・折りたたみ機能

スティック使用時は自立するので、掃除中でも電源を切って立てておくことができます。

また、ハンドルがたためてコンパクトに収納できるのもポイントです。

 

⑤ダストケース・ブラシ水洗い可能

どちらのモデルもダストケースとブラシを水洗いできるので、掃除機を清潔に保つことができます。

 

以上、PV-B200HとPV-B200Gの違いについてでした。

-掃除機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.