お掃除ロボ

ブラーバ390jと380jの違いを比較!異なるのは洗剤を使えるかと付属品

390j

「ブラーバ390j」と「ブラーバ380j」は、300シリーズと呼ばれるスタンダードモデルの型番です。

から拭きは56畳、水拭きは20畳まで対応。から拭きの際には、市販の使い捨てお掃除シートが使えて経済性に優れます。

そんな特徴を持つ両モデルは、発売日が異なる新旧モデルの関係。

発売日

  • 390j:2019年6月7日
  • 380j:2014年7月4日

 

ナナ
中身は違うの?

タイトルにも書いてあるとおり違いは2つ。

  • 新モデルは専用の床洗剤が使える
  • 付属品が異なる

以下、それぞれの詳細についてまとめます。

 

専用の洗剤が使えるようになった

ウェットモード(水拭き)の際に、専用の洗剤を使えるかどうかに違いがあります。

  • 390j:洗剤を使用できる
  • 380j:洗剤を使用できない

 

水拭きだけでも充分に綺麗になりますが、油や食べこぼしの汚れをより強力に清掃できるよう「床用洗剤を使いたい」というニーズが大きかったようです。

その要望に答える形で、2019年に発売された「390j」は専用洗剤対応となりました。

ナナ
もちろん洗剤なしでも使えるよ!

 

専用洗剤は、公式サイトで税抜880円で販売されています。市販の洗剤は使用不可です。

費用の目安は1本で20回程度、1回あたりに換算すると50円弱といったところでしょうか。

 

使用方法は、ウェットクリーニングパッドに給水する際に洗剤も一緒に入れるだけ。

ウェットクリーニングパッドへの給水

石鹸の香りがありますが、清掃後は特に気になりません。

 

うちは猫がいるので、基本的に洗剤は使いませんが、食べこぼしで床が汚れる家庭には床洗剤は嬉しい改良点ですね。

ちなみに、猫のいる家庭におすすめなブラーバモデルは、この300シリーズでした。

 

付属品の違い

「390j」と「380j」のもうひとつの異なるポイントは付属品でした。

390j 380j
  • 本体
  • 充電スタンド
  • ACアダプタ
  • NorthStarキューブ
  • クリーニングパッド(2種)
  • ドライクロス(白・2枚)
  • ウェットクロス(青・2枚)
  • 交換用導水キャップ
  • 床用洗剤(使い切りパック)2個
  • 本体
  • 充電スタンド
  • ACアダプタ
  • NorthStarキューブ
  • クリーニングパッド(2種)
  • ドライクロス(白)
  • ウェットクロス(青)
  • 交換用導水キャップ

先述のとおり、「390j」は洗剤対応モデルとなったので、お試し用として2回分の洗剤が付属しています。

また、から拭き用(白)と水拭き用(青)のクロスの付属枚数が増えています。

 

ナナ
クロスは、パッドに装着して床拭きする雑巾のことだよ!

クリーニングパッドへのクロスの装着方法

 

最後に

以上、ブラーバ390jと380jの違いについて比較を行いました。

モデルチェンジによる改悪は見られず、新モデル390jの方が機能・付属品の点では優秀という結果でした。

ブラーバ390jの使用感や評価をまとめたレビューもよければ参考にご覧ください。

 

後は、選ぶ上で重要なポイントは価格となりますが、価格は日々変動するので、実際にチェックしてみることをおすすめします。

-お掃除ロボ

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.