掃除機

【MC-SB53KとMC-SB52Kの違い】パナソニック掃除機の新旧比較

MC-SB53K

「MC-SB53K」と「MC-SB52K」は、パナソニックのサイクロン式パワーコードレススティッククリーナー。

パワフルな吸引力と軽さを両立したシリーズですが、そんな両モデルは、発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • MC-SB53K:2022年11月
  • MC-SB52K:2021年10月

 

ナナ
新旧モデルの違いはあるの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の3つ。

新モデルで変わったところ

  • ノズル裏のローラー配置の見直し
  • ハンドル形状(外観)の見直し
  • アイドリングオフ機能がなくなった

 

当記事では、上に挙げた3つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の各モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

MC-SB53KとMC-SB52Kの違い

はじめに書いたとおり、新旧両モデルの主な違いは次のとおりです。

MC-SB53K
(新モデル)
MC-SB52K
(旧モデル)
ノズル裏の
ローラー
一部を斜めに配置 前後に転がるよう配置
ハンドル形状 より手元負担を軽減
アイドリングオフ なし あり
ナナ
詳しく解説していくよ!

 

ノズル裏面のローラー配置

新モデル「MC-SB53K」では、ノズル裏面に配置された複数のローラーのうち、一部が斜めに配置されています。

斜めに配置されたローラー

引用:パナソニック公式

 

従来は前後の動きにフォーカスされたローラー配置でしたが、新モデルでは斜めに配置されたローラーの補助により、前後だけでなく左右にもスムーズに動きやすくなりました。

壁際にノズルを付けた状態で横にスライドさせたり、テーブルや椅子の脚周りの掃除もしたりと、操作性の向上が新モデルの魅力です。

 

ハンドル形状(外観)

新モデル「MC-SB53K」ではハンドル形状が大きく変わりました。

ナナ
左側が新モデルで、右側が旧モデルだよ!

MC-SB53KとMC-SB53Kのハンドル形状の違い

 

新モデルでは、生体計測技術を用いて様々なパターンで筋肉負担などの計測テストを繰り返し、最適なハンドル形状を決定したそう。

また、ハンドル形状の見直しにより重心位置が変わったことで、手元の負担軽減だけでなく、ノズルが床へぴったりと密着し、ゴミをしっかり吸引します。

外観の印象も少し変わったので、デザイン的な好みも新旧比較のポイントとなるでしょう。

 

アイドリングオフ

旧モデル「MC-SB52K」で搭載されていた「アイドリングオフ機能」が新モデルではなくなりました。

アイドリングオフ機能とは?

ノズルを浮かせたときに運転が自動でOFFとなる省エネ機能。

 

なお、新旧の「運転可能時間の目安」を比べたときに、新モデルのAUTOモードの稼働時間が少し短くなっています。

MC-SB53K
(新モデル)
HIGH:約6分
AUTO:約10~15分
MC-SB52K
(旧モデル)
HIGH:約6分
AUTO:約10~20分

 

当初、アイドリングオフ機能の搭載有無が「5分の差異」として現れたと思っていましたが、恐らくこの差異は測定基準の違いによるものかと。

新モデルの公式スペックを参照すると、旧モデルにはなかった「JEMA自主基準(HD-10)により測定」の文言が追加されています。

公式の言及がないため推測ではありますが、スペック上の運転時間の違いは、測定基準の違いによるものと想像しています。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の機能もサクッと紹介します。

  • からまないブラシ(髪の毛やペットの毛が絡まりにくい)
  • パワーノズル(壁ぎわ集じん機能で隅々まできれい)
  • クリーンセンサー(目に見えない微細なゴミまで検知してランプでお知らせ)
  • 2種の付属ノズル(ふとん清潔ノズル・ブラシ付きすき間ノズル)
  • 丸ごと洗えるダストカップ(取り外し簡単で水洗いOK)
  • 壁ピタゴム(本体を立てかけられる滑り止め付)

 

なお、以下は主なスペックですが「運転音・サイズ・重さ」がわずかに異なっています。

モデル カラー 集じん容積 充電時間 運転音 サイズ(幅×奥行×高さ) 重さ
MC-SB53K
(新モデル)
グレージュ 0.15L 約3.5時間 約63~69dB スティック時:213×178×1102mm
本体:88×162×431mm
スティック時:1.5kg
本体:0.9kg
MC-SB52K
(旧モデル)
同上 同上 同上 約65~75dB スティック時:253×182×1114mm
本体:93×182×387mm
スティック時:1.8kg
本体:1.1kg
ナナ
新モデルの方がコンパクトで軽量だね!

 

MC-SB53KとMC-SB52Kの価格を比較

ここまで「MC-SB53K」と「MC-SB52K」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

MC-SB53Kの価格

2022年11月発売の新モデル「MC-SB53K」の予約価格は、2022年10月中旬の時点で4.3万円前後のものが多いです。

11月25日の発売に向けて、まだ価格を下げる余地はありますが、発売時価格はシリーズの傾向(4万円台)から大きく外れることはなさそうです。

家電は発売後、徐々に価格が落ちていきますが、しばらくは旧モデルよりも高額な状態が続きます

主に操作性の観点で旧モデルより優れますが、価格差を考えると選択肢としてはしばらくは微妙でしょうか。

 

MC-SB52Kの価格

2021年10月発売の旧モデル「MC-SB52K」は、いま価格的におすすめのモデルです。

発売時価格は4万円台の中盤あたりでしたが、発売から1年経過となる2022年10月時点では安いもので3万円前後まで価格を下げました。

先述のとおり新モデルの操作性は魅力的ではあるのですが、価格面では旧モデルが勝るので悩ましいところです。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

結論|今のおすすめは?

結論、今のおすすめは旧モデル「MC-SB52K」です。

理由は、機能差よりも価格差のインパクトの方が大きく感じるため。

ローラー配置やハンドル形状の見直しによる操作性向上は魅力的ですが、本質となる吸引力などに変化がないことも一因です。

やがて新モデルの価格が下がってくるので、価格差も縮まることが予想されますが、価格差があるうちは個人的には旧モデル推し。

 

現時点のおすすめ

 

以上、パナソニックのサイクロン式パワーコードレススティッククリーナー「MC-SB53K」と「MC-SB52K」の違いを解説しました。

-掃除機

Copyright© 78Lifelog , 2023 All Rights Reserved.