掃除機

【MC-SB33JとMC-SB32Jの違い】パナソニック掃除機の新旧比較

MC-SB33J

「MC-SB33J」と「MC-SB32J」は、両方ともパナソニックのコードレススティック掃除機「パワーコードレス」のエントリーモデル。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • MC-SB33J:2022年11月発売
  • MC-SB32J:2021年10月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、新モデルで変更があったのは主に次の4点。

新モデルの変更点

  • ノズル裏面のローラー配置の変更
  • ハンドル形状の見直し
  • コンパクトかつ軽量に
  • カラー展開の変更

 

当記事では、上に挙げた4つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

MC-SB33JとMC-SB32Jの違い

はじめに書いたとおり「MC-SB33J」と「MC-SB32J」の主な違いは次の4つです。

  • ローラー配置
  • ハンドル形状
  • サイズと重さ
  • 本体カラー
ナナ
順番に解説するよ!

 

ローラー配置

新モデル「MC-SB33J」では、ノズル裏面に配置された複数のローラーのうち、一部が斜めに配置されています。

MC-SB33Jのローラー配置

引用:パナソニック公式

 

旧モデルのローラーは、すべて縦向きに設置されていましたが、新モデルでは斜め配置となることで、前後のみならず左右にも動かしやすくなりました。

壁際にノズルを付けた状態で横にスライドさせたり、テーブルや椅子の脚周りの掃除がスムーズになるのが利点です。

 

ハンドル形状

新モデル「MC-SB33J」ではハンドル形状が大きく変わりました。

MC-SB33JとMC-SB32Jのハンドル形状の違い

 

筋肉への負担や掌にかかる圧などの計測テストを繰り返し、新ハンドル形状へと進化したそうです。

ハンドル形状の変更に伴い、外観も大きく変更となったので、デザインの好みも新旧比較のポイントのひとつでしょう。

 

サイズと重さ

先述のとおり、ハンドル・外観の変更により、新旧のサイズが次のとおり変更となっています。

サイズ スティック時
(幅×奥行×高さ)
本体
(幅×奥行×高さ)
MC-SB33J
(新モデル)
220×168×1093mm 88×162×431mm
MC-SB32J
(旧モデル)
220×182×1106mm 93×182×387mm

 

また、サイズ変更などに伴い、新旧の重さにも変更がありました。

重さ スティック時 本体
MC-SB33J
(新モデル)
1.3kg 0.9kg
MC-SB32J
(旧モデル)
1.6kg 1.1kg
ナナ
新モデルではコンパクトかつ軽量になったよ!

 

本体カラー

新旧モデルを比較するとカラー展開に差異があります。

MC-SB33J
(新モデル)
・ホワイト
・セージグリーン
MC-SB32J
(旧モデル)
・ホワイト
・グレー

 

ナナ
実際にカラーイメージを確認してみよう!

まずは、新モデルの「ホワイト・セージグリーン」です。

MC-SB33Jのカラー展開

 

続いて、旧モデルの「ホワイト・グレー」です。

MC-SB32Jのカラー展開

ホワイト以外が希望の場合、カラーの好みも選択時のポイントとなりそうです。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もかんたんに紹介します。

軽量かつパワフル
女性でもラクに持ち運べる重さ。
最適な回転数でパワフルにゴミを吸い上げてくれる小型モーター付き。
ゴミを逃さないパワーノズル
パナソニック独自のV字型構造で、ノズル中央にゴミを集めてキレイに吸収。
2種のブラシで、フローリング・じゅうたんの奥・たたみの汚れをしっかり取りのぞく。
便利なアタッチメント付き
「ブラシ付きすき間ノズル」付属。
延長管を外せば、ハンディクリーナーとしても使用可能。
壁にサッと立てかけられる「壁ピタゴム」
本体のすべり止めゴムで、壁に立てかけられる。
掃除の手を止めるときに便利。立てかけたまま充電も可能。
お手入れ時期を知らせるCHECKランプ
ダストボックスのゴミがたまると赤色にランプが点灯。
ゴミを捨てるタイミングが一目でわかる便利な機能。

 

また、以下は主なスペックですが、既に紹介した項目もありますが、使用時間や運転音などにも違いがあります。

モデル カラー 集じん容積 使用時間の目安 充電時間 運転音 サイズ(幅×奥行×高さ) 重さ
MC-SB33J
(新モデル)
・ホワイト
・セージグリーン
0.15L HIGH:約6分
ON:約15分
約3.5時間 約63~69dB スティック時:220×168×1093mm
本体:88×162×431mm
スティック時:1.3kg
本体:0.9kg
MC-SB32J
(旧モデル)
・ホワイト
・グレー
同上 HIGH:約6分
ON:約20分
同上 約65~75dB スティック時:220×182×1106mm
本体:93×182×387mm
スティック時:1.6kg
本体:1.1kg

 

MC-SB33JとMC-SB32Jの価格を比較

ここまで「MC-SB33J」と「MC-SB32J」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

MC-SB33Jの価格

2022年11月発売の新モデル「MC-SB33J」の予約価格は、2022年10月中旬の時点では3.2万円前後のものが多いです。

11月25日の発売に向けて、少し価格を落とす可能性がありますが、しばらくは旧モデルよりも高額な状態が続くでしょう。

 

MC-SB32Jの価格

2021年10月発売の旧モデル「MC-SB32J」は、いま底値圏を推移する価格的におすすめモデルです。

発売時価格は4万円前後でしたが、徐々に価格を落とし、2022年10月時点では安いもので2万円台の前半を推移しています。

これまで紹介してきたとおり、新モデルと比べると、主に操作性の点で劣る部分もありますが、価格重視の場合には有力な選択肢となるでしょう。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

なお、より古い2020年モデル「MC-SB31J」も、まだ安い水準を維持していますが、次の2点において後継機種と比べて機能的に劣ります。

  • 「壁ぎわ集じん」非搭載
  • 「特殊加工ローラー」非搭載

2021年モデル「MC-SB32J」と価格も同程度のため、当記事の比較からは2020年モデルは除外しています。

 

結論|今のおすすめは?

結論、今のおすすめは旧モデル「MC-SB32J」です。

理由は、機能差よりも価格差に魅力を感じるため。

新モデルの「操作性の向上」は魅力的ではありますが、個人的には価格の安さの方に惹かれます。

そのうち新モデルが安くなるので、おすすめモデルも世代交代しますが、価格差があるうちは旧モデル推しです。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、パナソニック掃除機「MC-SB33J」と「MC-SB32J」の違いを解説しました。

-掃除機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.