掃除機

【VC-S630XとVC-S620X】東芝トルネオVの新旧モデル比較

VC-S630X

「VC-S630X」と「VC-S620X」は、両方とも東芝「トルネオV」シリーズのサイクロンクリーナー。

両モデルは発売された年の異なる新旧モデルの関係です。

  • VC-S630X:2022年6月発売
  • VC-S620X:2021年7月発売

 

ナナ
新旧モデルで何が違うの?

さっそく結論ですが、両モデルの主な違いは次の3つ。

新旧の違い

  • グリップの抗菌加工
  • ダストボックス内のカラー
  • すき間ノズルの有無

 

当記事では、上に挙げた3つの違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

VC-S630XとVC-S620Xの違い

はじめに書いたとおり「VC-S630X」と「VC-S620X」の違いについてポイントとなるのは次の3点。

  • グリップが抗菌加工に
  • ダストボックス内のカラー
  • すき間ノズルの有無
ナナ
順番に詳しく紹介していくよ!

 

グリップが抗菌加工に

新モデル「VC-S630X」は、グリップ部分が抗菌加工になりました。

ここ最近の家電のモデルチェンジで多いのが、世情を反映した抗菌加工ですが、トルネオも握りの部分を対応させてきました。

一番接触の多いグリップ部分が抗菌仕様となったことで、安心して掃除ができますね。

 

 

ダストボックス内のカラー

「VC-S630X」はダストボックス内のカラーが下記の通り変更になりました。

VC-S630X(新)
VC-S620X(旧) 一部透明

 

使用上での影響がないのはもちろん、外観的にもほとんど変わりません。

ナナ
写真の左が新モデル、右が旧モデルだよ!

VC-S630XとVC-S620Xの外観比較

吸引したゴミが少し見えやすくなりましたが、個人的には新旧比較するうえで、気にする必要はないかと思っています。

 

すき間ノズルの有無

新モデル「VC-S630X」では、旧モデルに付属していた「すき間ノズル」がなくなりました。

VC-S630X
(新モデル)
VC-S620X
(旧モデル)
すき間ノズル ×
お手入れブラシ

 

ただし、当シリーズは「2WAYブラシ」仕様となっており、ヘッド部分を取り外すと、すき間ノズル的に使用することができます。

すき間ノズルがなくなったことによる影響はあまりないでしょう。

 

新旧モデル共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もサクッと紹介します。

  • フィルターレスサイクロン
  • 吸引力99%以上持続
  • ラクトルパワーヘッド(自走式で軽く進む)
  • 新らくわざグリップ(自然な角度で握りやすい)
  • 節電ストップ機能(ヘッドを上げると自動パワー調整)
  • トルネードプレス(ゴミを約1/7に圧縮)
  • ダストカップや回転ブラシは水洗い可

 

VC-S630XとVC-S620Xの価格を比較

ここまで「VC-S630X」と「VC-S620X」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

VC-S630Xの価格

2022年6月発売の新モデル「VC-S630X」の発売時価格は、4万円台の中盤~後半あたりの価格が多い印象。

しばらくは旧モデルより価格の高い状態が続くでしょう。

正直、旧モデルと比較して機能的に大きなアドバンテージがあるわけでもないので、価格が旧モデルと並ぶまで積極的に選ぶ理由に乏しいです。

ナナ
Amazonではあまり検索ヒットしないよ

 

VC-S620Xの価格

2021年7月発売の旧モデル「VC-S620X」は、いま価格的におすすめなモデル

新モデル発売時期となる2022年6月時点では、3万円前後のものが多く、新モデルと比べて価格の安い状態です。

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、現時点のおすすめは旧モデル「VC-S620X」です。

理由は、機能差と価格差を比べたときに、価格差のインパクトが大きいため。

正直、新旧の機能差はほとんどないので、個人的には価格重視が正解かと思っています。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、「VC-S630X」と「VC-S620X」の違いを解説しました。

-掃除機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.