炊飯器

【JPD-G060とJPD-A060の違い】タイガー圧力IHジャー炊飯器の新旧比較

JPD-G060

「JPD-G060」と「JPD-A060」は、両方ともタイガー圧力IHジャー炊飯器の3.5合炊きタイプ。

両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • JPD-G060:2020年発売
  • JPD-A060:2018年発売

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いはあるの?

新モデルで変わったところ

  • 「ご泡火炊き」を搭載
  • 「遠赤9層土鍋かまどコート釜~ご泡火仕上げ~」を採用
  • 「圧力洗浄コース」へ進化
  • 「冷凍ご飯メニュー」が追加
  • 炊飯メニューの変更

 

当記事では、上に挙げた違いについて詳しく解説したうえで、現時点の両モデルの価格も比較。

機能差と価格差の3つの視点で、今おすすめのモデルがどっちなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

関連記事

タイガー炊飯器の全モデル比較とおすすめ紹介

特徴・選び方を紹介したうえで、現行全モデルを比較表で比べています。他機種も気になる方はご覧ください。

 

JPD-G060とJPD-A060の違い

冒頭でも述べたように、両モデルには主に5つの変更点があります。    

  • 「ご泡火炊き」を搭載
  • 「遠赤9層土鍋かまどコート釜~ご泡火仕上げ~」を採用した
  • 「圧力洗浄コース」へ進化した
  • 「冷凍ご飯メニュー」が追加された
  • 炊飯メニューの変更
ナナ
順番に解説していくよ!

 

「ご泡火炊き」を搭載

新モデル「JPD-G060」では「ご泡火(ほうび)炊き」を新たに搭載しました。

  • JPD-G060(新):ご泡火炊き
  • JPD-A060(旧):なし

 

「ご泡火炊き」とは、「熱・泡・土」の3つでお米を包み込むように炊き上げる炊飯技術。

泡で包み込んでお米同士がぶつかって傷つくのを防ぎつつ、高火力と土の遠赤効果によりしっかり加熱します。

ナナ
お米の甘みを引き出すよ!

 

「遠赤9層土鍋かまどコート釜~ご泡火仕上げ~」を採用した

先述の「ご泡火炊き」搭載を受けて、新モデル「JPD-G060」の内鍋は、土鍋コーティングを施したものへ変更となりました。

  • JPD-G060(新):遠赤9層土鍋かまどコート釜~ご泡火仕上げ~
  • JPD-A060(旧):9層遠赤特厚釜

 

「ご泡火炊き」の3要素のうち「土」に相当するのが、この内鍋の土鍋コーティングとなります。

上位機種と異なり「JPD-G060」では本土鍋は採用していませんが、金属釜に土鍋コーティングを施すことで、土による遠赤効果を得られる仕組みです。

 

また、釜底に新形状を採用することで、土鍋のような細かな泡立ちを実現。

「ご泡火炊き」の3要素のうちの「泡」を担っています。

 

「圧力洗浄コース」へ進化した

新モデル「JPD-G060」では、洗浄コースが圧力を用いたものへ進化しました。

  • JPD-G060(新):圧力洗浄コース
  • JPD-A060(旧):洗浄コース

 

「洗浄コース」は、炊き込みご飯・調理コースなどの使用後にニオイが気になるときに使用します。

新モデルでは圧力と高温でにおいを追い出し、さらに短時間洗浄も可能になりました。

ナナ
「調理コース」も、においを気にせずに使えるね!

 

「冷凍ご飯メニュー」が追加された

新モデルの炊飯メニューには、旧モデルになかった「冷凍ご飯メニュー」が追加されました。

  • JPD-G060(新):冷凍ご飯メニュー
  • JPD-A060(旧):なし

 

「冷凍ご飯メニュー」は、ご飯を冷凍する前提で最適に炊き上げる機能。

時間をかけて吸水する専用のプログラムを採用し、べたつきを抑えてふっくらと炊き上げます。

解凍や再加熱したご飯もパサつかず、まるで炊き立てのような味わいになるのが魅力です。

 

炊飯メニューの変更

新旧両モデルでは搭載される炊飯メニューに若干違いがあります。

専用メニューは、水量などの調整不要でそれぞれに最適なご飯を炊き上げる機能です。

JPD-G060
(新モデル)
JPD-A060
(旧モデル)
すしメニュー ×
カレーメニュー ×
麦めしメニュー 麦めし押麦
麦めしもち麦
麦めしのみ
玄米GABA ×
ゆで麦 ×

 

新モデルでは、新たに「すし・カレー用」メニューが搭載されたのがポイントです。

一方、「玄米GABA(玄米を時間をかけて炊飯してGABAを増量)・ゆで麦メニュー」がなくなっています。

また、旧モデルから存在した「麦めし」メニューは、「押麦」と「もち麦」それぞれの特性に合わせて炊き分けできるよう進化しました。

 

新旧両モデルに共通の特徴

以上が、新旧モデルの主な違いとなりますが、当シリーズの特徴を把握するためにも、両モデル共通の特徴もサクッと紹介します。

  • 可変W圧力(大小の圧力ボールで絶妙なコントロールが可能に)
  • つや艶内ふた(親水加工で水分の膜をはり乾燥を防ぎます)
  • 極うまメニュー(時間をかけておいしく炊き上げ)
  • 内なべ3年保証(内なべコーティングを3年間保証)
  • 予約吸水タイマー(吸水時間を指定)
  • 炊きあがり予約(2つまで設定可能)
  • お手入れシボフレーム(おねば汚れをささっと落とせるフレーム)

 

JPD-G060とJPD-A060の価格を比較

ここまで「JPD-G060」と「JPD-A060」の主な違いを紹介してきました。

ここからは両モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

JPD-G060の価格

2020年発売の新モデル「JPD-G060」は、価格的に今おすすめのモデル

発売時には6万円を超えた当モデルも、発売から時間が経ち、価格はだいぶ落ち着いています。

2022年8月時点では、3万円台の中盤あたりを推移しており値頃感があります。

 

JPD-A060の価格

2018年発売の旧モデル「JPD-A060」は、一時は2万円台を推移することもあり推していましたが、現在は在庫の減少とともに最低価格も上昇してしまいました。

新モデルとの比較では、機能的にも劣るうえ、価格面でのアドバンテージもなくなっているので、今あえて選択する理由はないでしょう。

もし、セール等で破格に安いものを見つけたら選択肢となりえますが、中古品も出ているので間違えないよう要注意。

 

【結論】おすすめは?

結論、今のおすすめは新モデル「JPD-G060」です。

理由は、すでに書いたとおり新モデルの方が機能面でも価格面でも優れているため。

 

現時点のおすすめモデル

 

以上、タイガー圧力IH炊飯器の3.5合モデル「JPD-G060」と「JPD-A060」の違いをお届けしました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.