炊飯器

【NP-BL10、NP-BK10、NP-BJ10の違い】象印「極め炊き」新旧比較

NP-BK10

「NP-BL10」「NP-BK10」「NP-BJ10」これらは全て象印の圧力IH炊飯ジャー発売された年が異なる新旧モデルの関係です。

  • NP-BL10:2021年7月発売
  • NP-BK10:2020年7月発売
  • NP-BJ10:2019年7月発売

 

高性能な「圧力IH炊飯ジャー」のシリーズで、内側内面をプラチナ、外面を鉄器でコーティングした、「鉄器コートプラチナ厚釜」と「大火力沸騰」により、炊きムラを抑えてふっくら美味しく炊いてくれる点が魅力です。

そんな当シリーズの現行モデルと型落ちモデルの違いはどこにあるんでしょうか。

 

ナナ
さっそく結論!新旧の違いを比較表にまとめたよ!
型番 抗菌加工 麦ごはんメニュー 内ぶた(洗い物)の枚数 油圧ダンパー 保温なし機能
NP-BL10
(2021)
あり 専用メニューの炊き分けが可能に 1枚 なし なし
NP-BK10
(2020)
なし 専用メニュー 1枚 なし なし
NP-BJ10
(2019)
なし なし 2枚 あり あり

 

この記事では、各モデルの違いを詳しく解説したうえで、各モデルの価格の違いまでチェックして、現時点でお買い得のおすすめモデルについても言及していきます。

 

NP-BK10とNP-BJ10の違い(2019→2020)

まずは、2019年モデル「NP-BJ10」と2020年モデル「NP-BK10」の4つの違いから確認してみましょう。

  • 内ぶたの枚数が1枚に
  • 麦ごはん専用メニューが追加
  • 油圧ダンパーがなくなった
  • 保温なし機能がなくなった

無くなった機能は個人的にはそんなに困らないかな?という印象です。順番に詳細をチェックしましょう。

 

内ぶたが1枚になった

旧モデルでは通常の内ぶたのほかに「うるおい二重ふた」があり、ふたが二重構造になっていましたが、新モデルでは内ぶた1枚で機能を果たしてくれる構造になりました。

内ぶたの枚数

  • NP-BK10(2020):内ぶた1枚
  • NP-BJ10(2019):内ぶた2枚
ナナ
洗い物やセットの手間が省けてうれしいね!

 

もともと内ぶたが2重になっていたのは、保温時のうるおいキープのため。

なので、洗い物が減ったことを手放しに喜ぶのも違うかもしれませんが、頻繁に使用する家電の手間が減るのは個人的には大きなメリットだと感じます。

 

麦ごはん専用メニューを追加

新モデルには健康志向の人にうれしい「麦ごはん専用メニュー」が追加されました。

水加減が難しい「もち麦」や「押し麦」を、炊く前の吸水時間なしに、風味そのままふっくらもちもちに炊いてくれます。

お釜の内側には麦ごはん用のメモリもあるので、わざわざ計量カップで水を量らなくてもOKなのが嬉しいですね。

ハチ
手間も時間もかからず、麦ごはん好きにとっては嬉しい機能だよ!

 

衝撃を吸収する「油圧ダンパー」がなくなった

旧モデルのふた部分には、車のドアや住宅の免震装置に使われている「油圧ダンパー」が搭載されていました。

開閉時の衝撃を抑え、優しくスムーズにふたが開くのが魅力だったのですが、新モデルにはなくなってしまいました。

 

「保温なし」機能がなくなった

2020年モデルでは、炊飯後に自動的に保温を切ってくれる「保温なし」機能がなくなりました。

 

  • 1度にすべて食べきってしまう
  • ご飯を冷凍する

以上のような場合は保温が必要ないと思いますが、そんな家庭向けに保温を切るひと手間をなくす機能です。

 

保温機能が必要かどうかは各家庭によるので、「保温なし」機能のありがたみはそれぞれです。

もちろん、どのモデルにも自動で温度管理を行い、ご飯をおいしく保温してくれる「極め保温」機能があるので保温もバッチリですし、手動で保温のON/OFFは可能です。

 

NP-BL10とNP-BK10の違い(2020→2021)

続いて、2020年モデル「NP-BK10」と2020年モデル「NP-BL10」の2つの違いから確認してみましょう。

  • AG+抗菌加工が施された
  • 麦ごはんメニューが進化

 

AG+抗菌加工が施された

新型コロナの影響がなかなか落ち着かず、接触に神経を使うご時世を反映して、接触部分ともなる次の2点が抗菌加工対応となりました。

抗菌加工

  • しゃもじ
  • ふたを開けるプッシュボタン

 

麦ごはんメニューの進化

健康志向の高まりからか麦ごはんメニューは近年強化されています。

ナナ
進化の過程をまとめたよ!

進化点

  • 2019年モデル
    → 専用メニューなし
  • 2020年モデル
    → 専用メニューあり
  • 2021年モデル
    → 専用メニューで2通りの炊き分け可能に

 

2021年モデルでは、次の2通りの炊き分けが可能となっています。

  • 麦ごはん普通メニュー
    → 麦の風味や食感を活かす
  • 麦ごはんもちもちメニュー
    → ニオイを抑えてやわらかく仕上げる

 

基本スペックや共通点

「NP-BL10」「NP-BK10」「NP-BJ10」の基本スペックはほぼ同じで、カラー展開と重さが若干異なるのみです。

型番 炊飯量 カラー 外形寸法 ふた開き時の高さ 重さ 1回あたりの
炊飯時消費電力量
1時間あたりの
保温時消費電力量
NP-BL10(2021) 5.5合 黒のみ 26.5×40×22 42 5.5 150 16.1
NP-BK10(2020) 5.5合 白・黒 26.5×40×22 42 5.5 150 16.1
NP-BJ10(2019) 5.5合 白・黒 26.5×40×22 42 6.0 150 16.1
ナナ
絶対に白色がいい場合は、選択肢が絞られるね

 

また、次に挙げる特徴や機能は、全モデルに共通です。

  • 鉄器コートプラチナ厚釜を採用(発熱効率とご飯の甘み成分UP)
  • 大火力炊飯(火力を落とさず一気に火を加えます)
  • 49通りのわが家炊き(アンケートに答えるだけで好みの炊き具合に調整)
  • 炊き分け圧力(しゃっきりからもちもちまで好みの食感に炊き分け可能)
  • 選べる保温選択(センサーで温度コントロールしておいしく保温する「極め保温」と、「高め保温」から選べます)
  • クリーニング機能(炊き込みご飯を炊いた後のにおい残りを抑えます)
  • 熟成炊き(時間をかけて吸水させて、ふっくら美味しく炊飯)
  • やわらかごはんメニュー(白米普通よりやわらかく、おかゆよりも硬めで炊飯)
  • 立つしゃもじつき(自立するしゃもじ付き)
ナナ
炊飯メニューがとっても充実しているね!

 

価格の違いを比較

これまで各モデルの機能的な違いを確認してきましたが、これらの違いに価格差ほどの価値を感じるかが価格比較のポイントとなります。

個別に価格をチェックする前に、まずは当シリーズの大まかな価格推移の傾向を確認しておきましょう。

  • 発売時の初値:5万円前後
  • 底値圏:2万円台

家電は発売後に底値へ向けて値段が落ちていきますが、今どのくらい安くなっているかを確認してみてくださいね。

 

NP-BL10(2021)の価格

2021年7月21日発売の新モデル「NP-BL10」の発売時価格は、シリーズの傾向どおり5万円前後でした。

その後、徐々に価格は安くなり、2022年9月時点では、安いものは2万円台の後半あたりでしょうか。

1世代型落ちの2020年モデルとの比較では、「抗菌加工」「麦ごはんメニュー」の2点が進化していますが、価格的にはあと一歩というところ。

ナナ
価格は日々変動するから安いものがないかチェックしてみてね!

 

NP-BK10(2020)の価格

2020年モデル「NP-BK10」は、底値圏となる価格を推移する今おすすめのモデル

2022年9月時点では、2万円台の前半を推移しており価格的には一推しです。

さらに、機能的にも「旧モデルより優れ、新モデルとも大差ない」というおいしいポジショニング。

やがて、後継の2021年モデルがもっと安くなってくると予想されますが、価格差があるうちは安い当モデルがおすすめです。

 

NP-BJ10(2019)の価格

最後に紹介する2019年モデル「NP-BJ10」は、まだまだ低価格なのですが、すでに後継機種の方が安いことが多いため微妙になりつつあるモデル。

改めて2020・2019年の両モデルの機能を比較すると、2019年モデルのみに搭載される機能は次の2つです。

  • ふわっとフタが開く油圧ダンパー
  • 炊きあがりに保温しない機能

 

これらの独自機能は、正直なところ個人的にはあまり大事な機能だとは思えません。

それよりも、当モデルは内ぶた(洗い物)が2点あるのに対し、後継の2020年モデルは1点しかないことの方が重要だと感じます。

何を良しとするかは個人差があるので一概には言えませんが、以上の理由により、2020年モデル「NP-BK10」を現在の一押しとしています。

ナナ
例外的に在庫一掃セールの特価などがありえるから、一応2019年モデルの価格もチェックしてみるのがおすすめ!

 

以上、NP-BL10、10NP-BK10、NP-BJ10の違いをお届けしました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.