炊飯器

【NW-LB10・NW-LA10・NW-KB10の違い】象印の最高峰!炎舞炊き新旧モデル比較

NW-LA10

NW-LB10・NW-LA10・NW-KB10は、象印の炊飯器の中でも最高グレードを誇り、炎のゆらぎを再現した加熱技術「炎舞炊き」を搭載したハイエンドシリーズです。

そんな各モデルは、同シリーズの中でも発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • NW-LB10:2021年6月発売
  • NW-LA10:2020年6月発売
  • NW-KB10:2019年6月発売

 

この記事では、各モデルの機能的な違いのほか、価格の違いにも触れて、今どれが一番おすすめモデルなのかを検証します。

ナナ
現行モデルと型落ちでお買い得モデルを比較するよ!

 

なお、関連記事では、炎舞炊き搭載モデルを全て比較して違いを検証しているので、炎舞炊きモデルの全体像を俯瞰したい場合は併せてご覧ください。

炎舞炊きモデル
【炎舞炊き(えんぶだき)炊飯器の違い】型落ち含めて全モデル比較!今のおすすめは?

続きを見る

 

NW-LB10・NW-LA10・NW-KB10の違い

まずは各モデルの主な違いを表にまとめてみました。

型番 Ag+抗菌加工 底IHヒーターの数 内蓋(洗い物)の数
NW-LB10
(2021)
しゃもじと本体プッシュボタンに抗菌加工あり 6つ 1枚
NW-LA10
(2020)
なし 6つ 1枚
NW-KB10
(2019)
なし 3つ 2枚
ナナ
順番に何がどう進化してきたか詳しくチェックしていこう!

 

NW-KB10とNW-LA10の違い(2019→2020)

炊飯機の近年のモデルチェンジは中身がほとんど変わらないことも多いですが、2020年モデルチェンジでは大きく進化しました。

NW-KB10(2019)とNW-LA10(2020)の違いは主に2つ。

 

新旧モデルの違い

  • 底ヒーター数の増加
  • 内蓋数(洗い物)の減少

 

まずは、違いの1つ目である底ヒーターの数について。2020年モデルでは、底IHヒーターの数が3つから6つに増えました。

  • NW-KB10(2019):3つのヒーターを搭載、1つずつ加熱させる
  • NW-LA10(2020):6つのヒーターを搭載、対角線上の2つを同時加熱させる

 

釜底ヒーターをローテーションで加熱することにより「熱のゆらぎ」を生み出し、「かまどの炎」を再現しています。

ヒーターの数が増えることで、象印の目指す「かまどの炎」により近づきました。

 

炎舞炊きの進化

引用:象印公式

 

ナナ
かまどの炎もゆらゆらしてるもんね!

でもなんで「ゆらぎ」がいいの?

 

かまど炊きごはんが美味しい理由

  1. 大火力の炎がゆらぎながら釜底に当たる
  2. ゆらぎが部分的な集中加熱を生む
  3. 釜の中に温度差が生まれ激しく複雑な対流が生まれる
  4. 対流によりお米はかき混ぜられる
  5. 結果、1粒1粒がムラなく均一に高温で熱せられ、ふっくら炊ける

 

以上が、かまど炊きで起きていることですが、これを炊飯器で実現しよう!というのが象印の「炎舞炊き」という炊き方。

圧力IH炊飯ジャーは、さらに圧力を加えることで沸点を上昇させ、お米の芯まで熱を通し「ふっくらモチモチ」を実現します。

ナナ
ヒーターの数が増えることで、より「かまど炊き」に近づいたのが進化のポイントだね!

 

続いて違いの2つ目は、内ぶたの構造の変化です。

  • NW-KB10(2019):内ぶた2枚
  • NW-LA10(2020):内ぶた1枚

 

2019年モデルは内ぶたが2重構造になっており、「釜」と「内ぶた2枚」の計3点の洗い物がありましたが、2020年モデルでは「釜」と「内ぶた1枚」の2点に洗い物が減っています。

NW-LA10の内ぶた構造

【NW-LA10(新)】

NW-KB10の内ぶた構造

【NW-KB10(旧)】

ナナ
洗い物が減るのは嬉しいね!

 

以上が2019年モデルと2020年モデルの違いですが、近年は炊飯機の大きな改善が少ない中で、わかりやすく機能的なメリットが増えたモデルチェンジだったと言えるでしょう。

 

NW-LA10とNW-LB10の違い(2020→2021)

NW-LA10(2020)とNW-LB10(2021)の違いはひとつだけです。

新旧モデルの違い

フタを開けるための「プッシュボタン」と「しゃもじ」がAg+抗菌加工されて衛生面を強化

 

試験機関による抗菌性試験(JIS Z 2801)では、Ag+抗菌加工によって99%の抗菌効果が見られ、製品表面における細菌の増殖を抑制する状態が認められました。

ナナ
前年の進化に比べると地味だけど、コロナ禍にあっては嬉しい機能だね!

 

仕様やその他の機能はほぼ同じ

NW-LB10・NW-LA10・NW-KB10の外観仕様はほぼ同じ。サイズの奥行やふたを開いた時の高さにわずかな違いがあるのみで、実質同じと言っても過言ではないでしょう。

型番 炊飯量 カラー サイズ ふたを開いた時の高さ 重さ 1回あたりの炊飯時消費電力量 1時間あたりの保温時消費電力量
NW-LB10
(2021)
5.5合 白・黒 幅27.5×奥行35×高さ23.5cm 46.5cm 8.5kg 154Wh 16.4Wh
NW-LA10
(2020)
5.5合 白・黒 幅27.5×奥行35×高さ23.5cm 46.5cm 8.5kg 154Wh 16.4Wh
NW-KB10
(2019)
5.5合 白・黒 幅27.5×奥行34.5×高さ23.5cm 46cm 8.5kg 154Wh 16.2Wh

 

また、次に挙げる主な特徴や機能は、各モデルに共通です。

ナナ
名前だけじゃよく分からない機能もあるから、概要をカッコ書きで要約したよ!
  • 121通りのわが家炊き(しゃっきり・もちもち・硬め・柔らかの段階調整で好みの食感に)
  • 7通りの炊き分け圧力(好みの食感に炊き分ける)
  • 豪炎かまど釜を採用(鉄を仕込んだ熱伝導の高い特性釜)
  • 熟成炊き(吸水時間を長くしてふっくら仕上げるモード)
  • 極め保温(センサーによる温度管理で40時間美味しく保温)
  • 人工知能AI炊飯(季節の変化や商品劣化をAIが補正し、常に購入時と同様の炊きあがりを実現)
  • 蒸気セーブメニュー(蒸気を80%カット)
  • 白米特急メニュー(1合を15分で炊ける)
  • 白米急速メニュー(1合を30分で美味しく炊ける)
  • 鉄器おこげメニュー(ちょうどいいおこげを簡単に作れる)
  • お弁当メニュー(中パッパ工程で圧力をかけ水分を凝縮、冷めてもモチモチ)
  • やわらかごはんメニュー(白米普通より柔らかく、おかゆより固く炊く)
  • 玄米・雑穀米・麦ごはん・金芽米メニュー(専用メニューで最適に炊く)
  • フラットパネル・フラットフレーム構造(汚れが拭きやすい)
  • クリーニング機能(におい残りを抑える)
ナナ
さすが最高モデル!かなり多機能だね!

 

NW-LB10・NW-LA10・NW-KB10の価格を比較

各モデルの価格の違いを比べる前に、当シリーズの価格推移の傾向を確認しておきましょう。

  • 発売時の初値:12万円台
  • 底値圏:5万円台

 

以上を踏まえて各モデルの価格をチェックしてみましょう。

ナナ
これまで紹介した「進化のポイント」と「価格差」を天秤にかけてみて価値を感じるかが重要だね!

 

NW-LB10(2021年モデル)の価格

2021年モデル「NW-LB10」は、6つのヒーター・少ない洗い物に加えて抗菌加工まであり、機能的には一番優れるモデルですが価格的にはまだまだ高額

家電は発売後、徐々に価格を下げていき底値を目指しますが、「NW-LB10」は2021年6月に発売されたばかりで、底値圏に到達するのはかなり先でしょう。

さすがに数万円の価格差を負担してまで今購入する機能的メリットはないので、しばらくは選択肢から外れます。

 

NW-LA10(2020年モデル)の価格

2020年モデル「NW-LA10」は、今おすすめのモデルです。

10万円オーバーの初値から徐々に値を下げ、2021年春以降は6万円台に到達しており、ほぼ底値圏と言えるレベル入っています。

2021年7月時点では2019年モデルの方が安いですが、炎舞炊きの強化・洗い物の少なさという機能的メリットがあるので、総合すると個人的に今一押しです。

 

NW-KB10(2019年モデル)の価格

2019年モデル「NW-KB10」は、シリーズの傾向に漏れず予約時価格は約12万円でスタート。

2019年6月の発売後、約2~3ヶ月で7万円前後まで値を下げ、以降6~7万円台を長く推移していましたが、2021年春移行は5万円台に到達しています。

2021年7月時点では、価格だけ見れば2020年モデルより安いです。価格最優先という場合は、後継モデルより安いうちはおすすめできるモデルです。

 

なお、「NW-KB10」を使用したレビュー記事も良ければ参考にしてください。

NW-KB10
【炎舞炊きNW-KB10レビュー】象印の最高級炊飯器の実力は?

続きを見る

 

以上、象印の圧力IH炊飯機「炎舞炊き」シリーズの最高峰となるNW-LB10・NW-LA10・NW-KB10の違いをお届けしました。

-炊飯器

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.