レビュー

【TT-BA09レビュー】Bluetooth非対応テレビでもワイヤレスイヤホンで視聴できる!

TT-BA09

ナナ
Bluetooth非対応のテレビをワイヤレスイヤホンで聴きたい!!

という思いで、トランスミッターを探して発見したのが、TaoTronicsタオトロニクスの「TT-BA09」

この記事では、Amazonベストセラーも獲得した大人気トランスミッター「TT-BA09」についてレビューします!

 

後継機について

現在「TT-BA09」をアップグレードした「TT-BA09 PRO」が発売中。

違いは後述しますが、価格は僅差なので「TT-BA09 PRO」がおすすめです。

基本的にほぼ同じ仕様となるので、当記事の内容も参考としてください!

 

そもそもトランスミッターとはどんなもの?

Bluetoothに対応していない機器をトランスミッターに接続するだけで、Bluetooth対応機器に変身する魔法のようなアイテムです。

例えば、うちのテレビは少し古くてBluetoothに対応していないので無線通信ができません。

しかし、テレビにトランスミッターを繋げば、Bluetooth接続が可能となり、ワイヤレスイヤホンでテレビの音声を聴くことが可能です。

 

ナナ
こんなシチュエーションに最適だよ!

トランスミッターが活躍する状況

  • 家族に迷惑をかけずにゲームや映画を大音量で楽しむ
  • テレビを見たいけど寝静まった子供を起こしたくない
  • 家事をしながら家中どこからでもテレビの音を聴ける

PS4

テレビのほか、ゲームの音声もワイヤレスイヤホンに飛ばして、耳元の迫力サウンドを楽しめます。

ナナ
PS4やNintendo Switchなどのゲームサウンドのほか、iPodなど昔のオーディオプレーヤーからイヤホンに音を飛ばすこともできるよ!

 

そんな便利なトランスミッターですが「実際に役に立つか」は、

  • 遅延(音と映像のズレ)
  • 無線の範囲
  • 音質
  • バッテリーの持ち

などのポイントが重要となってくるので、このあたりを中心にレビューします。

 

TT-BA09の外観・付属品やスペック

手のひらサイズのTT-BA09

本体は手のひらに乗るほどのコンパクトサイズ。

重量もわずか38gと超軽量ボディです。

TT-BA09の側面

TT-BA09の側面2

本体側面には、3.5mmオーディオケーブル、光ケーブル、充電用などの接続端子口が並びます。

また、TXモード(トランスミッター)とRXモード(レシーバー)の切り替えスイッチなども本体側面についています。

ナナ
TXがTT-BA09から送信するモード、RXがTT-BA09での受信モードだよ!

TXモードとRXモード

私はBluetooth非対テレビからTT-BA09を通してイヤホンへ送信する「トランスミッターモード(TX)」を使っていますが、

レシーバーモード(RX)にすると、スマホなどの音源をTT-BA09に受信させてBluetooth非対応のスピーカーへ繋いで鳴らすこともできます。

ナナ
TXモードでは、ふたつのイヤホンを同時に接続して、同じ音を同時に2人で聞くこともできるよ!

 

豊富な付属品

TT-BA09の付属品

付属品

  • 本体
  • 光オーディオケーブル
  • Micro USB充電ケーブル
  • 3.5mmオーディオケーブル
  • RCAケーブル
  • 説明書(日本語あり)
ナナ
ケーブルがたくさん付属していてすぐ使えるのが嬉しいね!
ACアダプタは付属していないので、コンセントから充電する場合は用意する必要があるよ!
ハチ

 

TT-BA09のスペック

Bluetooth
バージョン
Bluetooth Ver.5.0
Bluetooth
プロファイル
A2DP(音声データ通信)
AVRCP(オーディオ操作)
コーデック
(TXモード)
aptX LL、aptX、SBC、Faststream
コーデック
(RXモード)
SBC
使用時間 最大15時間
充電時間 約2時間
充電ケーブル Micro USB

ワイヤレスというと音が途切れたり遅延が起きたりという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、それは昔の話。

TTーBA09は、通信速度の早い「Bluetooth Ver.5.0」に対応しているので、ストレスフリーの使用できます。

 

TXモードのコーデック(圧縮方式)は、全てのBluetooth機器に搭載されている「SBC」のほか、より高音質・低遅延な「aptX」、さらにハイグレードな「aptX LL」「Faststream」に対応しています。

テレビ音声を聴くだけなら許容範囲ですが、音声遅延が許されないゲームなどの場合は、高いグレードのコーデックを備えたイヤホンがおすすめです。

 

TT-BA09をトランスミッターとして使ってみた感想

TT-BA09とイヤホンを接続

一番性能の低いコーデックである「SBC」対応のワイヤレスイヤホンで使用感を確認しました。

コストパフォーマンス
遅延
無線の範囲
バッテリー
音質

総評としては、3,000円前後の低価格にも関わらずほぼストレスなく使用可能で大満足でした。

遅延について

遅延はあるが普通にテレビを視聴するぶんには問題ない」という印象でした。

基本コーデック「SBC」の遅延は約0.2秒

ナナ
たった0.2秒なんて分からないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、実際に体感すると遅延がはっきり分かります。

口元を見ると若干ズレていますし、TTーBA09を接続した状態で「テレビ本体」と「イヤホン」の両方から音を出して聴き比べると一目瞭然(一聴瞭然?)です。

と散々言っておきながらですが、遅延が分かるとはいえ、テレビを見るうえで違和感を覚えるほどの遅延ではありません

ナナ
テレビや普通のゲームをワイヤレスで楽しむくらいなら問題ないレベルかな!

ただし、音ゲーなどは致命傷となる可能性があるので、少なくとも「SBC」接続はおすすめしません。

 

無線の範囲について

公式ページでは、通信距離が約13メートルとありましたので、家の中を移動しながら確認してみました。

13m以内であっても、壁の有無や壁材など様々な影響を受けるので、あくまで参考としてください。

  • キッチン(距離5m、壁なし)→ 音飛びなし
  • 別部屋(同フロア・ドア閉め)→ 音飛びなし
  • 浴室・洗面所(同フロア)→ 稀に音飛び、問題なし
  • 別の階 → 場所によっては音飛びで使えない
  • 庭 → 5秒に1回音飛び、使えない

洗い物、洗濯、掃除機など、いろんな家事をしながら家の中を移動しつつ視聴してみました。

洗濯物を干しに庭に出たときは使い物になりませんでしたが、家の中は基本的に問題なく使用できました。

洗い物や掃除機の騒音の中でも、イヤホンなのでしっかり音声を聞き取れるのは嬉しいポイントでした。

 

バッテリーについて

持続時間は最大15時間と十分なバッテリー量です。

もし充電がなくなっても、充電しながら使用できるのでバッテリーに関しては全く問題ありませんでした。

ただし、次の「音質」に繋がる話となりますが、充電しながら使用するとノイズが混じります。

 

音質について

音質に関しては良くもないですが致命的に悪くもないという印象で、まあ普通です。

ただし、充電中のノイズは普通に気になるレベルなのでマイナスポイント。充電中でなければノイズはありません

なお、基本コーデックの「SBC」は、音質低下が大きいコーデックなので、高音質を求める場合は「aptX」以上に対応するイヤホンを使用すると通信時の音質ロスが減ります。

 

TT-BA09の使い方

初回は少し戸惑いますが、慣れれば簡単。

テレビに接続する例で紹介します。

step
1
電源をオン

TT-BA09の電源ボタン

電源ボタンを3秒押し続けると電源オンになります。

 

step
2
TT-BA09とイヤホンをペアリング

TT-BA09とイヤホンを接続

電源がオンの状態で、電源ボタンを2回押すとペアリングモードに。

イヤホンもペアリングモードにして近くに置いておけば10秒ほどでペアリングできます。

 

step
3
TT-BA09とテレビを接続

TT-BA09とテレビを接続

テレビによって表示は異なりますが、ヘッドホンやイヤホンへの出力端子へオーディオケーブルを差し込み、TT-BA09本体と繋げばOKです。

 

TT-BA09はモニターがないので、ペアリングできているか心配になりますが、本体裏面のLEDインジケータが状態を教えてくれます。

TT-BA09のLEDインジケーター

赤色で点灯 充電中
消灯 充電完了、電源オフ
赤と青の点滅 ペアリングモード
赤の点滅 バッテリー残量なし
青の点灯 ペアリング完了

 

TT-BA09 proとの違い

このトランスミッターは、

  • TT-BA09
  • TT-BA09 PRO

という2つの種類が存在します。

ナナ
何となくproの方が良さそうだけど何が違うんだろ

これまで紹介してきたのは、「TT-BA09」の方ですが、PROは次の点が進化しています。

  1. コーデックインジケーターが本体下部に追加され、接続中のコーデックが分かる
  2. 充電端子がMicroUSBからUSB Type-Cに変更

TT-BA09 PRO

 

写真をよく見ると、本体下部にインジケーターが追加されていることが分かります。

PROの方がグレードアップしたとはいえ、正直、劇的な違いはないですね。

2020年夏時点で価格がほぼ同じなので、それならば「PRO」の方がオススメという状態です。

 

Amazonキャンペーンの紹介

Amazonで賢く買い物をするなら、

Amazonギフト券購入チャージがおすすめです!

ナナ
ギフト券という名前だけどチャージすれば自分自身でも使えるよ!

 

今ならWでお得

  • 今なら初回限定で1,000円分のポイント
  • 何度でも現金でチャージするたびに高還元率のポイント

amazonポイント獲得表

 

\ 初回チャージで1,000円GET /

キャンペーンの手続方法を確認

写真で説明かんたん手続き!

-レビュー

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.