レコーダー

【DMR-2W201とDMR-2W200の違い】パナソニック「ディーガ」の新旧比較

ディーガレギュラーシリーズ

「DMR-2W201」と「DMR-2W200」は、パナソニック「ディーガ」のレギュラーシリーズで、容量2TBのモデル。

両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係となります。

  • DMR-2W201:2021年5月発売
  • DMR-2W200:2020年7月発売

 

ナナ
機能的には何が違うの?

結論から書くと、新旧モデルの違いは1点だけで、新モデルでは番組表が快適に進化しています。

言ってしまえばそれだけなので、個人的には価格重視で選ぶのがおすすめです。

 

なお、専用アプリ「どこでもディーガ」に2021年5月に次の2機能が追加されています。

  • お店マップ機能
  • ホーム画面のカスタマイズ

ただし、この新機能は旧モデルにも対応しているので、新旧比較の際のポイントとはなりません

せっかくなので後でどんな機能なのか紹介しますが、共通機能であることに留意しましょう。

 

この記事では、たったひとつの違いである番組表の進化の詳細を解説したうえで、両モデルの価格を比較して、今おすすめのモデルを検証します。

 

DMR-2W201とDMR-2W200の違い

快速番組表と従来番組表の比較

引用:パナソニック公式

新モデル「DMR-2W201」では、番組表が進化しました。

進化点

  • スクロール速度が2倍になった
  • 表示領域が広く見やすくなった
ナナ
名前も「快速番組表」に変わったよ!

 

地味ではありますが、実用的な改良です。操作感のストレスがないことは家電の大事なポイントなので、そういった意味では嬉しい進化ですね。

 

専用アプリ「どこでもディーガ」の進化について

冒頭にも書いたように、専用アプリの機能強化は新旧両モデルに対応しているので、あくまで補足としてご覧ください。

新モデル発売の2021年5月に合わせて加わったアプリ上の新機能は次の2つ。

  • お店マップ機能の追加
  • ホーム画面のカスタマイズ機能の追加

 

お店マップ機能では、テレビで紹介された話題のお店をチェックできます。

お店マップ機能

全てのお店ではありませんが、テレビ放映されたお店の情報がシーン一覧に表示されます。

地図アプリ上にも表示させることができるので、外出中に話題のお店をチェックすることもできますね。

 

続いての新機能は、ホーム画面のカスマイズやショートカット機能。

アプリホーム画面のカスタマイズ

自在に自分のホーム画面をカスタムできるようになり、使い勝手が向上しました。

また、リアルタイム視聴のショートカットをホームに配置できるようにもなりました。従来は番組表からしか見れなかったので、こちらも利便性が向上しています。

 

DMR-2W201とDMR-2W200の価格の違い

以上、機能の違いを紹介してきましたが、ここからは個々の価格の違いをチェックしていきましょう。

「番組表の進化」という機能差に対して、価格差がどこまで許容できるかがポイントとなります。

 

DMR-2W201(2021年モデル)の価格

「DMR-2W201」は、2021年5月に発売されましたが、発売時の初値は5万円台の後半からスタート。

家電は発売した後、徐々に価格を落としていきますが、2021年7月中旬時点では、まだまだ価格は高止まりしています。

過去モデルの価格推移を参考にすると、発売3~4ヶ月程度で3万円台まで下がっているので、しばらくは価格の安い旧モデル推しです。

 

DMR-2W200(2020年モデル)の価格

2020年モデル「DMR-2W200」は、価格的に今おすすめのモデルです。

発売時の初値は新モデルとほぼ同じ6万円前後でしたが、順調に値を下げて2020年の秋以降は3万円台を推移して今に至ります。

機能的には番組表の点で新モデルの方が優秀ですが、価格差に見合うかというと現状では微妙なところ。

価格差が縮まるまでは、型落ちとなる当モデル「DMR-2W200」がおすすめです。

 

以上、パナソニックのブルーレイレコーダー「ディーガ」の新旧モデル「DMR-2W201」と「DMR-2W200」の違いについてお届けしました。

-レコーダー

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.