レコーダー

BDZ-FBW1100とBDZ-FBW1000の違いは5つ!ソニーブルーレイレコーダー新旧比較

BDZ-FBW1100

「BDZ-FBW1100」と「BDZ-FBW1000」は、共に2番組同時録画が可能な容量1TBのソニーのブルーレイレコーダー

そんな両モデルは発売日が異なる新旧モデルの関係です。

  • BDZ-FBW1100:2021年6月5日発売
  • BDZ-FBW1000:2019年11月16日発売

 

ナナ
中身は何が違うの?

結論から書くと「BDZ-FBW1100」と「BDZ-FBW1000」の違いは次の5つ。

新旧モデルの違い

  • 「4Kインテリジェントエンコーダー」機能を搭載
  • 「新作ドラマ・アニメガイド」が特番ドラマに対応
  • 最新版「まる録 辞書」収録
  • 専用アプリ「Video & TV SideView」の視聴機能が無料に
  • 4K放送の1.3倍速の早見再生に対応

 

この記事では、上の5つの違いの詳細を解説したうえで、両モデルの価格を比較。

機能差と価格差を天秤にかけることで、今のお買い得モデルを検証します。

 

BDZ-FBW1100とBDZ-FBW1000の5つの違い

新モデル「BDZ-FBW1100」と旧モデル「BDZ-FBW1000」について、冒頭に挙げた5つの違いを順番に解説していきます。

 

「4Kインテリジェントエンコーダー」機能を搭載

新モデル「BDZ-FBW1100」で採用された「4Kインテリジェントエンコーダー」とは、長時間録画モードでの画質改善・ノイズ低減させる機能

4Kコンテンツはデータ容量が大きいため、長時間録画モードによりデータ圧縮することで多くの番組を録画できます。

長時間録画モードでどれくらい圧縮するかは選択可能で、強く圧縮するほど長時間録画が可能ですが、画質やブロックノイズの問題が生じます。

特に高圧縮の場合、動きや明るさの変化が激しいシーンでは映像にブロックノイズが出ることがありますが、「4Kインテリジェントエンコーダー」でノイズを減らします。

ナナ
ブロックノイズは、画面がモザイクのように見えるノイズのことだよ!

 

「新作ドラマ・アニメガイド」が特番ドラマに対応

「新作ドラマ・アニメガイド」とは、最長1ヶ月前から新作のドラマやアニメを一覧表示し、その中から見たい番組を選ぶだけで録画予約ができる便利な機能。

気になる新番組を予めチェックして、先行予約しておくことで取り逃しを防げます。

当機能は、旧モデルにも搭載されていますが、新モデルでは特番にも対応しました。

  • BDZ-FBW1100(新):特番にも対応
  • BDZ-FBW1000(旧):特番は非対応
ナナ
単発放送のスペシャルドラマや話数が3話までのドラマにも対応できるようになったよ!

 

最新版「まる録辞書」収録リモコンに

まる録辞書

引用:ソニー公式

好きなタレントの出演番組を自動で探して録画する「おまかせ・まる録」をさらに便利に使いこなす機能が「まる録辞書」です。

例えば、グループ名とメンバー名が「まる録辞書」で紐付けされていれば、グループ名を登録しておけば、メンバーの出演番組も自動検索して録画することが可能。

「まる録辞書」は新旧両モデルとも搭載されていますが、新モデル「BDZ-FBW1100」には最新版が収録されているので、いま旬のタレントにも対応できるのが魅力です。

 

専用アプリ「Video & TV SideView」の視聴機能が無料に

「Video&TV SideView」(ビデオ&テレビサイドビュー)とは、スマートフォンやタブレットから、番組の予約や視聴ができる専用アプリのこと。

一部有料となっていた視聴機能が完全に無料化されたため、気軽に好きな場所から楽しめるようになりました。

 

4K放送の1.3倍速の早見再生に対応

BDZ-FBシリーズの1.3倍速の早見ボタン

新モデル「BDZ-FBW1100」では、4K放送の1.3倍速早見再生に対応しました。

再生中にリモコンの黄色ボタンを押すだけの簡単操作。忙しくて視聴時間が確保できない方におすすめです。

 

BDZ-FBW1100とBDZ-FBW1000の価格を比較

ここまで新モデル「BDZ-FBW1100」と旧モデル「BDZ-FBW1000」の機能の違いを比較してきました。

ここからは両モデルの価格を比べてみますが、その前にサクッと当シリーズの値動きの傾向をチェックしておきましょう。

あくまで目安ですが、過去のモデルを参考にすると、価格推移のイメージはこんな感じでしょうか。

  • 初値:7~8万円台
  • 底値:4万円台

 

家電は発売後、徐々に価格が下がっていくので、各モデルが今どれくらい安くなっているかもポイントです。

ナナ
以上を踏まえて、各モデルの価格を比べていくよ!

 

BDZ-FBW1100の価格

2021年5月発売の新モデル「BDZ-FBW1100」の発売時価格は、7~8万円台のものが多かったですが、2022年に入り5万円台のものも見かける機会が増えました。

底値圏というには少し早いでしょうが、新旧比較の観点では、旧モデルの価格に迫っています。

機能的には新モデルの方が優れることと、新旧の価格差が小さくなってきたことを理由に、個人的には新モデル「BDZ-FBW1100」がおすすめです。

 

BDZ-FBW1000の価格

2019年10月発売の旧モデル「BDZ-FBW1000」は、2021年夏頃に底値圏となる4万円台の前半を推移していましたが、その後は上昇傾向。

新モデルの価格低下も相まって、先述のとおり新旧の価格帯に差がなくなってきました。

機能が劣る以上、価格メリットが失われると選ぶ理由が特にないため、2022年当初の段階では微妙なモデルになりつつあります。

 

以上、ソニーのブルーレイレコーダー「BDZ-FBW1100」と「BDZ-FBW1000」の違いをお届けしました。

-レコーダー

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.