レコーダー

【DMR-4X602とDMR-4X600の違い】パナソニックのレコーダーを新旧比較

DMR-4X602

「DMR-4X602」と「DMR-4X600」は、両方ともパナソニックの4Kチューナー内蔵型レコーダーで、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • DMR-4X602:2022年5月発売
  • DMR-4X600:2020年3月発売

当シリーズの2021年モデルの発売はなかったので、約2年ぶりのモデルチェンジとなりました。

 

ナナ
モデルチェンジで何が変わったの?

さっそく結論ですが、新モデル「DMR-4X602」で変わった点は以下の6つです。

新旧の違い

  • 「おすすめ録画一覧」へ進化
  • 「AIおすすめ」を搭載
  • 「次エピソード自動再生」を搭載
  • 「プレビューサーチ」を搭載
  • 「録画一覧の見やすさ」が進化
  • 「ただいま転送」と「1080p番組持ちだし」が追加

 

当記事では、これら新旧6つの機能差について解説。

さらに、両モデルの現時点の価格を比較し、機能差と価格差の2つの視点で、今どっちがおすすめなのか家電アドバイザーの目線で比較します。

 

DMR-4X602とDMR-4X600の違い

はじめに書いたとおり「DMR-4X602」と「DMR-4X600」の違いは次の6つ。

  • 「おすすめ録画一覧」への進化
  • 「AIおすすめ」機能を新搭載
  • 「次エピソード自動再生」機能を搭載
  • 「プレビューサーチ機能」を搭載
  • 「録画一覧の見やすさ」が進化
  • 「ただいま転送」と「1080p番組持ちだし」が追加
ナナ
どんなふうに変わったか順番に解説していくよ!

 

「おすすめ録画一覧」への進化

新モデル「DMR-4X602」では、従来の番組リスト機能(ジャンル・お気に入り・アーティスト関連番組などを自動で整理して表示)が「おすすめ録画一覧」として進化しています。

従来のジャンル別表示などに加えて、再生履歴や全国のユーザーの人気ランキングも加味し、おすすめの未視聴番組を表示できるようになりました。

ナナ
よく視る番組や人気番組などを自動で整理してくれるよ!

 

あわせてリモコンボタンの名称も「新着番組」から「おすすめ録画一覧」に変更されています。

おすすめ録画一覧

引用:パナソニック公式

 

「AIおすすめ」機能を新搭載

新モデル「DMR-4X602」では、「AIおすすめ」機能を新たに搭載しました。

録画した番組の再生履歴、人気番組のデータをAIが分析し、ユーザーの好みにあった番組をレコメンドしてくれるので、今まで見たことがなかった番組を発見できます。

使えば使うほど精度が上がり、好みによりマッチする番組が「おすすめ録画一覧」に表示される仕組みです。

 

「次エピソード自動再生」機能を搭載

新モデル「DMR-4X602」では、「次エピソード自動再生」機能を新たに搭載しました。

「次エピソード自動再生」機能は、ドラマやアニメなどのシリーズ番組を再生すると、自動で次回放送話を探し出してそのまま連続再生してくれます。

次エピソード自動再生

ナナ
録画リストから次回放送を探す手間がかからないよ!

 

「プレビューサーチ」機能を搭載

新モデル「DMR-4X602」では、「プレビューサーチ」機能を新たに搭載しました。

ネット動画のような操作で、1分ごとのサムネイルから見たいシーンを選ぶだけで、その場面から再生できます。

プレビューサーチ

 

スポーツの決定的シーン、音楽番組の好きなアーティストの出演シーンなど、見どころを探してすぐに再生可能。

忙しくて全部ゆっくり視る時間がない方におすすめの機能です。

 

「録画一覧の見やすさ」が進化

新モデル「DMR-4X602」では、「チャンネル録画一覧」と「録画一覧」の画面の見やすさが向上しました。

 

「チャンネル録画一覧」とは?

テレビ番組表のような形式で、録画した番組を一覧表示する機能。

過去の番組表を見る感覚で見たい番組が選べる。

「チャンネル録画一覧」では、1時間の枠内に表示される番組数が2番組から4番組へと増えました。

DMR-4X602 DMR-4X600
1時間枠内に
表示できる番組数
4番組 2番組
ナナ
情報量が多くなって録画番組が探しやすくなったよ!

 

続いて「録画一覧」ですが、こちらは録画した番組をリスト形式で探せるもの。

「録画一覧」も表示領域や情報量が次のとおり拡大され、より見やすくなっています。

DMR-4X602 DMR-4X600
表示可能番組数 12番組 9番組
表示可能文字数 1番組あたり40文字 1番組あたり20文字
表示可能タブ数 最大14タブ 最大10タブ

 

「ただいま転送」と「1080p番組持ちだし」が追加

新モデル「DMR-4X602」では、アプリ「どこでもディーガ」で、新機能「ただいま転送」と「1080p番組持ちだし」を利用できます。

「ただいま転送」は、ディーガ本体が登録したスマホをBluetooth検出すると、転送予約をした録画番組を自動でスマホにダウンロードしてくれます。

「1080p番組持ちだし」は、タブレットなどの大画面でも番組を高画質で視聴できるよう、新たに1080pのモードを選択できます。

1080pとは、映像の縦方向の解像度で、「フルハイビジョン」「フルHD」と呼ばれる高解像度の映像です。

ナナ
外出先でもスマホで高画質な録画番組を楽しめるよ!

 

新旧モデル共通の特徴

ここまで、「DMR-4X602」と「DMR-4X600」の主な違いを紹介してきましたが、両製品の共通機能も簡単に紹介します。

両モデルは、パナソニックの4Kチューナーを内蔵したブルーレイディスクレコーダー「全自動ディーガ」シリーズです。

 

「全自動ディーガ」とは?

チャンネルをまるごと自動で録画し、テレビやスマホから好きな時にいつでも番組を視聴できる機能。

番組の録り逃しの心配がなくなり、古い録画番組を消去する手間も省けるのが魅力。

当シリーズでは、ハイビジョン放送を最大4チャンネル・28日間分の自動録画が可能。

最大チャンネル数は機種によって異なり、最上位モデル「DMR-4X1002」では、最大8チャンネル・28日間に対応するので、4チャンネルでは物足りないという方は上位モデルもおすすめです。

 

ナナ
当シリーズの特徴を簡単にまとめてみたよ!
  • ハイビジョン放送4チャンネルを最大28日間まるごと自動録画
  • 6TBのハードディスク内蔵
  • 4Kチューナー搭載
  • 外付けハードディスク録画
  • スマホからの録画予約や視聴(無料アプリ利用)
  • スマホで撮影した写真・動画を保存
  • 無線LAN内蔵
  • HDMI出力端子2系統

 

上位モデルと比較すると、同時録画のチャンネル数が少なく、ハードディスク容量が劣る(最上位は10TB)ものの、価格が抑えられておりバランスが良いのが当シリーズの魅力です。

 

DMR-4X602とDMR-4X600の価格を比較

ここまで「DMR-4X602」と「DMR-4X600」の機能的な違いを紹介しました。

レコーダーとしての基本性能について、新旧モデルに劇的な違いはないものの、新モデルでは細かな機能がたくさんブラッシュアップされ、快適性が向上した印象です。

旧モデルに価格優位がなければ新モデルの一択となりますが、現時点の価格はどうなっているのでしょうか。

ナナ
各モデルの価格をチェックしていこう!

 

DMR-4X602の価格

2022年5月発売の新モデル「DMR-4X602」の発売時価格は、17万円前後が多く、稀に安いもので16万円台を見かけることもあります。

機能的には旧モデルより優秀なため悩ましいですが、まだまだ価格は高め。

先に紹介した機能差のなかで、どうしても外せない新機能がない限りは、選択肢としてはまだ早いというのが個人的な見解です。

 

DMR-4X600の価格

一方、2020年3月発売の旧モデル「DMR-4X600」は、価格的に今おすすめのモデル

発売から2年以上が経過し、当初17~18万円程度あった価格は大きく下がり、新モデル発売直前となる2022年5月時点では14万円前後を推移しています。

この「数万円の価格差」と「機能差」を天秤にかける、どちらが重いか判断してみてください。

ナナ
価格は日々変動するからチェックしてみてね!

 

結論|今のおすすめは?

結論としては、現在のおすすめモデルは旧モデル「DMR-4X600」です。

理由は、機能的には新モデルに惹かれるものの、価格差の大きさには勝てないと感じるため。

ただし、これは私個人の意見なので、人によって感じ方は変わるでしょう。

やがて新モデルの価格が安くなり、価格差が縮まると新モデルの一択ですが、それまでの間は旧モデル「DMR-4X600」推しです。

 

今のおすすめ

 

以上、「DMR-4X602」と「DMR-4X600」の違いの解説でした。

-レコーダー

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.