レコーダー

【DMR-2W51とDMR-2W50の違い】パナソニック「ディーガ」の新旧比較

ディーガレギュラーシリーズ

「DMR-2W51」と「DMR-2W50」は、パナソニックのブルーレイレコーダー「ディーガ」レギュラーシリーズの500GBモデル。

そんな両モデルは、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • DMR-2W51:2021年5月発売
  • DMR-2W50:2020年7月発売

 

さっそく結論から書くと、新旧両モデルの機能的な違いは1つだけです。

新旧の違い

番組表のスクロール速度が2倍になり、表示領域が広がった。

 

新モデル発売と同じタイミングとなる2021年5月に専用アプリ「どこでもディーガ」に新機能が加わったので、新旧の違いと間違えがちですが、アプリの新機能は旧モデルにも対応しています。

ナナ
つまり、新旧モデル比較では関係ないね!

ちなみにアプリの新機能は、テレビ放映された飲食店をチェックできる「お店マップ機能」とアプリの「カスタマイズ機能」の2つですが詳細は割愛します。

 

この記事では、新旧比較のポイントとなる「番組表の改善」と「新旧モデルの価格差」に焦点を絞って、今おすすめの買いモデルがどっちなのか検証します。

 

DMR-2W51とDMR-2W50の違い

快速番組表と従来番組表の比較

引用:パナソニック公式

冒頭でも書いたように、新モデル「DMR-2W51」で進化した点は番組表の改善1点のみ。

ナナ
具体的には次の点が改善されたよ!

改善点

  • スクロール速度が2倍に
  • 表示領域の拡大

 

従来より番組表が広く表示されるので、見やすくなり番組の見落としが減るうえに、スクロールスピードがアップしたことでストレスのない操作感が実現されます。

進化した点がこれだけだと聞くと、正直物足りない感はありますが、内容的には使い勝手に直結する地味に嬉しい進化ですね。

 

以上が新旧モデルの機能差となるので、あとは価格差がこれに見合うのかがポイントです。

 

DMR-2W51とDMR-2W50の価格の違い

当シリーズの発売時の価格は、4万円台の中盤といったところです。

家電は発売後に底値へ向けて価格が安くなっていきますが、各モデルが今どれくらい安くなっているかが重要です。

ナナ
順番に両モデルの価格をチェックしてみよう!

 

DMR-2W51(2021年モデル)の価格

2021年モデル「DMR-2W51」は、発売からあまり時間が経っていないので、価格はまだまだ下がりきっていません。

初値45,000前後からスタートし、2021年7月時点では3万円台まで下げていますが、もっと値段が安くなるので今はまだ買いではありません

番組表の面で型落ちより優れるといっても、価格差を差し置いてあえて選ぶほどのメリットはないです。

 

DMR-2W50(2020年モデル)の価格

一方の型落ちモデル「DMR-2W50」は、価格的に今おすすめのモデルです。

2021年の春以降は、2万円台の店舗も見かけるようになり、機能差を考慮しても価格優位な「DMR-2W50」がおすすめです。

今後、新モデルの価格が落ちてきて価格差が縮まれば、機能面で優れる新モデル推しとなりますが、それまでは型落ちのコスパが圧倒的にいいでしょう。

 

以上、パナソニックのブルーレイレコーダー「ディーガ」の新旧モデルとなる「DMR-2W51」と「DMR-2W50」の違いをお届けしました。

-レコーダー

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.