洗濯機

【BW-V70C、BW-V70E】違いとおすすめ型番!日立ビートウォッシュの新旧モデル比較

BW-V70

BW-V70C」と「BW-V70E」は、どちらも日立の縦型洗濯機「ビートウォッシュ」の型番です。

ナナ
最後のアルファベットだけが違うけど、どういう関係なの?

「BW-V70C」は2018年発売、「BW-V70E」は2019年発売、ということで新旧モデルの関係にあたります。

モデルチェンジで何が変わったかが重要ですが、実は洗濯機としての基本的な仕様は変わりません

しかし、2019年モデルでは、プラスαの便利機能が2つ追加されるなど若干の違いがあります。

 

ナナ
ほとんど同じだけど、少し便利になった感じかな!

この記事では、そんな両型番について、

  1. 型番の違いの詳細
  2. 追加された新機能の紹介
  3. 両モデルのネット最低価格推移を比較
  4. 総合的に今オススメはどちらか

以上の構成で解説していきます。

 

BW-V70CとBW-V70Eの型番の違いの詳細

最初に述べたとおり「BW-V70C」と「BW-V70E」は、年式が違うのですが、型番の中では末尾のアルファベットに違いが現れています。

年式記号

  • BW-V70C(2018年モデル)
  • BW-V70E(2019年モデル)

型番が更新される度に、赤字部分のアルファベットが更新されていく仕様です。

ちなみに2017年発売モデルは「BW-V70B」でした。

家電業界では、毎年モデルチェンジすることが多く、その際には型番のアルファベットが更新されるパターンが一般的です。

 

ナナ
何で「D」はないの?

ビートウォッシュは、乾燥機能付きのものが存在し、その型番は「BW-DV80E」という風に、ドライの「D」として型番の中で意味を持って使われています。

ややこしくなるので、年式記号として「D」が使われなかったものと思われます。

 

仕様の違いはない

冒頭にも申し上げたとおり、洗濯機としての性能について、両モデルに仕様上の違いはありません

ナナ
一応、基本スペックを比較してみよう!
型番 洗濯容量 洗濯目安時間 本体サイズ 設置スペース 重さ 標準仕様水量 運転音(洗い/脱水) 予約機能 自動おそうじ機能
BW-V70E
(2019)
7kg 32分 幅530mm
奥行586mm
高さ980mm
幅635mm
奥行601mm
高さ1,254mm
約35kg 86L 32/38dB
BW-V70C
(2018)
7kg 32分 幅530mm
奥行586mm
高さ980mm
幅635mm
奥行601mm
高さ1,254mm
約35kg 86L 32/38dB
ナナ
見事に同じだね

 

カラーに違いがある

BW-V70

洗濯機としての仕様は全く同じでしたが、実はカラー展開が異なります。

2019年モデル「BW-V70E」はホワイト(写真左)のみのカラー展開。

一方、2018年モデル「BW-V70C」はブルー(写真右)のみのカラー展開です。

ナナ
ブルーはビートウォッシュの中でもめずらしいよ!

カラー記号について

型番の年式記号よりも、さらに後ろにつく末尾のアルファベットは、カラー記号を表します。

W=ホワイト、A=ブルー

例えば、「BW-V70E-W」は、2019年モデルの白色という意味になります。

 

新モデル「BW-V70E」にのみ搭載された2つの新機能

新旧モデル比較で最大の違いは、2019年モデルには新機能が2つあることです。

  • 洗剤セレクト機能の追加
  • おいそぎコースが少量なら更に早く
ナナ
どんな機能か確認してみよう!

 

洗剤セレクト機能

洗剤セレクト機能

一般的に「液体洗剤」は洗浄力は強くないが、水に溶けやすく、すすぎが楽で節水に繋がると言われます。

一方の「粉末洗剤」は洗浄力が強いが、水に溶けにくく、念入りなすすぎが必要と言われています。

つまり「液体洗剤」と「粉末洗剤」では、最適な洗い方やすすぎ回数は異なるのです。

それをボタン1つで、洗剤に合わせた効率的な洗濯ができる機能です。

 

おいそぎコースが更に早く

「BW-V70E(2019)」では、「おいそぎコース」がパワーアップしました。

コース自体は前のモデルから存在し、おいそぎコース標準で23分で仕上がるという点に変わりはありません。

しかし、2019年モデルからは、手動設定することで、1人の1日あたりの洗濯量と言われる1.5kg程度なら、約10分で仕上げることが可能となりました。

ナナ
10分は驚異的だね!

 

BW-V70CとBW-V70Eのネット最低価格推移を比較

新機能追加という意味では、BW-V70E(2019)に軍配が上がりますが、価格面ではどうでしょう。

「型落ちモデルは安い」という印象がありますが、それはタイミング次第です。

実際に両モデルのネット上の最低価格推移を比較してみましょう。

 

BW-V70C(2018)の価格推移

BW-V70C(2018)の価格推移

 

BW-V70C(2018)」は、2018年春の発売当初、約117,000円のネット最低価格をつけ、その後、徐々に安くなり、発売から1年後の2019年春には、底値圏である50,000円台半ばに到達しました。

しかし、2019年夏以降は、価格も若干の上昇傾向を見せたうえ、そもそも在庫がもうないようです

今ではアマゾンで中古を見かけるくらい。

 

BW-V70E(2019)の価格推移

BW-V70E(2019)の価格推移

 

一方、「BW-V70E(2019)」は、2019年春に発売され、前モデル同様に約117,000円の初値をつけました。

こちらも順調に価格が下落し、2020年1月には、60,000円台前半まで下がった時期もありました。

2月、3月は若干の上昇傾向を見せていますが、今後もう一段階の下落を期待できそうです。

家電の底値は、元値の3~4割が一般的なので、既にかなり安くなっている状態ではあります。

ナナ
Qoo10モールのメガ割が適用できれば、かなり安くなるからオススメ!

 

 

【結論】おすすめ型番

BW-V70E(2019)」が今のおすすめの型番です。

おすすめの理由

  • BW-V70CとBW-V70Eに基本性能に差はない
  • BW-V70E(2019)は便利な新機能が追加
  • BW-V70E(2019)が価格面でも既に優勢
  • というかBW-V70C(2017)の在庫がほぼない

 

家電は新旧モデルを比較して、性能に大差がなければ、型落ち商品の方が安くておすすめの場合が多いです。

しかし、ビートウォッシュの場合、既に2019年モデルが、ほぼ底値圏に到達しています。

加えて、最新モデルの方が若干性能もよいとなれば、今買うべき型番は間違いなく「BW-V70E(2019)」と言えるでしょう。

-洗濯機

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.