レビュー

【ネッククーラーNeoレビュー】サンコーの新しい冷却グッズは真夏の定番になるのか?

パッケージと中身

2020年4月にサンコーから発売された「ネッククーラーNeo」

扇風機とは異なり、小型冷蔵庫にも使われるペルチェ効果という方法により、冷やしたアルミ板で首の血管を冷やす新しい冷却ガジェットです。

 

ナナ
本当に効果あるの?

結論を先に書くと、冷却効果はありました。

半信半疑でしたが、実際に使ってみると首筋は思った以上にしっかり冷えており、即効性はないものの気づいたら汗が引いていました

しかし、思わぬデメリットも!

この記事では、特徴や使用感などと併せて、購入前に知っておくべき情報をまとめます。

 

ネッククーラーNeoの特徴

アルミ板

ネッククーラーNeoは、2020年の暑さ対策で注目の新しい冷却ガジェット。

ネッククーラーを首に装着すると、2つのアルミ素材の冷却プレートが首の横にある太い血管を冷やすことで体温を下げます。

首掛けファンやハンディファンは風を送るだけですが、ネッククーラーNeoは首を直接冷やすことで、屋外でも快適な環境を作り出すことが可能です。

 

ペルチェ素子で首を効率よく冷却

ネッククーラーNeoでは、小型冷蔵庫にも使われているペルシェ素子を採用しています。

 

ペルシェ素子とは?

電流を流すと、冷却・加熱・温度制御を行える半導体素子のこと。次のようなメリットがある。

  • 小型軽量
  • すぐ冷える
  • 振動や騒音がない
  • 破損部品がないので長寿命
  • 冷媒のガス漏れなどがなく安心

ただ風を送るだけのファンとは、根本的に冷却システムが異なるネッククーラーなんです。

ナナ
ファンだと屋外の場合、風がぬるいんだよね...

 

素早く冷却!2秒で冷たい

ペルシェ素子の特徴は、すぐに冷えること。

ネッククーラーNeoでは、スイッチを入れて2秒でアルミ板が冷たくなるので、すぐに使用可能です。

2秒は大袈裟では?と最初は疑いましたが、実際に使ってみると相当スピーディーでした。

 

ハンズフリーで快適

ネッククーラーNeoは、ハンディーファンのように手が塞がらないので実用的です。

首へのフィット感もあるので、アウトドアやスポーツ観戦のほか、屋外での作業にも対応できます。

 

防水・防塵性能「IP33」

防水・防塵対応のため、少しの雨や汗などは問題ありません

強い雨や水没には対応していませんが、急な小雨などには耐性があるので屋外の使用も安心です。

 

ネッククーラーNeoの仕様

カラー3種

サイズ 最小:幅 125× 高さ 40× 奥行 80mm
最大:幅180×高さ40×奥行145mm
首周りサイズ 最小:約37cm
最大:約50cm
重さ 150g
カラー 白・黒・ネイビー
温度
(冷却プレート)
強:外気温よりー10~ー15℃
弱:外気温よりー5~ー10℃
ケーブル長 本体~スイッチ:約38cm
スイッチ~USB:約65cm
使用時間
(強モード使用時)
約5時間(5,000mAh)
約10時間(10,000mAh)
約20時間(20,000mAh)
付属品 本体
サイズ調整パーツ×2種
日本語説明書

 

2つのデメリット

ネッククーラーNeoを使ってみて感じたデメリットは2つ。

  • バッテリー内蔵でないのでモバイルバッテリーが必要
  • ファンの音が思ったより大きい

 

モバイルバッテリーが必要

USB端子

ネッククーラーNeoの最大のデメリットは、バッテリーを搭載していないこと。

USB端子をパソコンやバッテリーに接続していないと稼働しません。

そのため屋外で使用するためには、必ずモバイルバッテリーが必要となります。

公式では最大20時間という記載があり、混乱の元なのですが、使用可能時間はモバイルバッテリーの容量に依存します。

コードは本体と一体

なお、ケーブルは本体と一体となっており取り外し不可

ケーブルは背中を通るので、そこまで不快ではありませんが、身体を動かして作業などをする場合は、邪魔になるケースがあるかもしれないので要注意です。

 

静かな場所ではファンの音が気になる

ペルシェ素子自体は騒音のない冷却システムですが、ネッククーラーNeoは放熱用のファンを搭載しており、その音が場所によっては気になります。

弱モードの騒音

強モードの騒音

騒音計で測ってみたところ弱モード46.4デシベル強モード55.5デシベルでした。

ナナ
騒音の目安は次のとおり!
40dB 図書館
50dB 静かな事務所
60dB 走行中の自動車

極端にうるさい訳ではありませんが、シ~ンとした場所で強モードにするとファンの音が気になるレベル。

静かな場所での使用を考えている方は注意してくださいね。

 

冷却効果は?正直な感想

まず、結論としては、ネッククーラーNeoの冷却効果には満足しています。

感覚としては首に氷を当てているようなイメージで、アルミ板が当たっている部分の皮膚はかなり冷たくなっています。

ナナ
といっても、キンキンで痛いということもないよ!

 

一方、少し効果が分かりにくいという印象も。

血管を冷やして、冷えた血液が全身を循環することで体温を下げる仕組みのため、暑い場所からクーラーの効いた屋内に入ったときのような、

「あ~涼しい!気持ちいい!」という劇的な感覚はさすがにありません。

全身の汗が一気に引くというアイテムではなく、どちらかというとジワジワと、しかし確実に効果が出ているという類の冷却装置です。

ナナ
気づいたら汗引いてる!っていう感じかな!

 

ネッククーラーNeoの使い方

使い方はとっても簡単、首につけてスイッチを押すだけです。

スイッチ

モードが3つあり、スイッチボタンを押すと切り替わっていきます。長押しでストップ。

  • 強モード
  • 弱モード
  • ゆらぎモード

 

ゆらぎモードとは?

強~弱モードを自動で繰り返すことで感覚が麻痺することなく、冷たさを持続する運転モード。

「冷んやり感」と「ロングバッテリー」のいいとこ取りなモードです。

アジャスター伸ばす前

アジャスター伸ばした後

首周りのサイズが合わない場合は、背面のアジャスト部を伸ばして調整可能なので安心です。

 

サイズ調整パーツ2種

サイズ調整パーツ装着

また、ネッククーラーと首とのスキマを埋めるため、厚みの違うサイズ調整バーツが2種類付属しているので、フィット感がしっくりこない場合も調整できます。

 

ネッククーラーneoの価格

サンコー直営オンラインショップでは、5,980円で販売されています。

Amazonや楽天などの大手モールでは、カラーによって値段が変わりますが、最安で5,000円前後といったところでしょうか。

いっときは、品薄状態で1万円くらいまで高騰していたこともあり、その人気が伺えます。

 

 

以上、ネッククーラーNeoのレビューでした。

-レビュー

Copyright© 78Lifelog , 2020 All Rights Reserved.