除湿機

【CD-H1021とCD-H1020の違いはない】コロナ衣類乾燥除湿機の新旧比較

CD-H1021

「CD-H1021」と「CD-H1020」は、コンプレッサー方式のコロナの衣類乾燥除湿機で、発売年が違う新旧モデルの関係となります。

  • CD-H1021:2021年3月発売
  • CD-H1020:2020年3月発売

 

ナナ
中身は何が違うの?

タイトルにも書いてあるとおり両モデルに性能的な違いはありません。一応スペック表を掲載しますが新旧の差異はありません。

型番 除湿面積の目安(50Hz/60Hz) 除湿能力(50Hz/60Hz) 消費電力
(50Hz/60Hz)
1時間の電気代目安
(50Hz/60Hz)
運転音
(50Hz/60Hz)
排水タンク容量 キャスター サイズ 重量
CD-H1021
CD-H1020
プレハブ:17畳(29m2)/19畳(32m2
木造:11畳(19m2)/13畳(21m2
鉄筋:23畳(38m2)/25畳(42m2
9/10L 除湿時:195/230W
衣類乾燥時:495/530W
サーキュレーター時: 9.0/9.0W
除湿時:5.3/6.2円
衣類乾燥時:13.4/14.3円
サーキュレーター時:0.2/0.2円
除湿時:強 39/39dB 弱 36/36dB
衣類乾燥時:標準標準 41/41dB
サーキュレーター時:標準38/38dB
約4.5L(自動停止) 4輪(横移動のみ) 高さ570・幅365・奥行202mm 12.0kg

※主に50Hz地域は東日本、60Hz地域は西日本

 

そのほか、「抗菌・防カビフィルター&ウイルス抑制・除菌・脱臭10年交換不要フィルター」を搭載する点や、モードや機能も同様です。

ナナ
家電によくある毎年恒例の型番更新のモデルチェンジだね!

となれば、現在のおすすめモデルを判断するために重要なのは価格です。

 

結論から書くと、現時点のおすすめは2020年モデル「CD-H1020」です。

理由は、中身が同じにも関わらず値段がより安いから

新旧に性能の違いがあれば、機能差と価格差を天秤にかけるのですが、差異がないため価格が逆転するまでは一択となります。

 

おすすめモデル

 

以上、先に結論を書きましたが、この先は購入の決め手となる価格推移について両モデルを比較し、詳しく解説します。

 

CD-H1021とCD-H1020の価格の違い

「CD-H1021」と「CD-H1020」の価格を比較する前に、当シリーズの価格推移の傾向を把握しておきましょう。

  • 毎年3月に発売され、初値は4万円前後
  • 梅雨の時期には3万円台前半に達した後、秋以降は若干値上がり
  • 発売翌年の春に底値となる2万円台後半へ
ナナ
過去モデルを観察すると、大まかな値動きはこんな感じ!

以上を踏まえて、各モデルの価格を確認してみましょう。

 

2021年モデル「CD-H1021」の価格

2021年モデル「CD-H1021」は2021年3月に発売されましたが、初値はシリーズの傾向に漏れず4万円前後でした。

その後、順調に価格は下がっており、2021年5月時点では3万円台半ばまで安くなったお店もチラホラと。

しかし、底値圏というにはあと一歩な価格帯。今後の価格推移に注目です。

 

2020年モデル「CD-H1020」の価格

一方の2020年モデル「CD-H1020」ですが、今まさに底値圏となる3万円を切る価格帯を推移しています。

発売から1年以上経過した旧モデルのため市場の在庫は多くはないようで、2021年5月時点でアマゾンではヒットしません。

やがて底値圏を抜けると若干の値上がりするのが家電の常ですが、3万円前後をキープしているうちは推しモデルです。

 

結論!おすすめは?

以上、「CD-H1021」と「CD-H1020」の違いをお届けしました。

冒頭にも述べたとおり、今のおすすめモデルは型落ちの「CD-H1020」です。

理由は、中身が同じなのに価格が安いからですね。

新モデルの値段がさらに安くなり、いつか価格が逆転するまでは、より安価な型落ちモデルがおすすめとなります。

 

おすすめモデル

-除湿機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.