除湿機

【MJ-M120SX、MJ-M120RXの違い】おすすめは?衣類乾燥除湿機の新旧比較

MJ-M120SX

「MJ-M120SX」と「MJ-M120RX」は三菱電気の衣類乾燥除湿機の「サラリ」シリーズの中でも衣類の乾き残しを赤外線で検知する「ムーブアイ」を搭載するタイプ。

そんな両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • MJ-M120SX(発売日:2021年4月28日)
  • MJ-M120RX(発売日:2020年4月21日)

 

新モデルの方が何となく良さげな印象がありますが、実は中身に違いはありません。スペックや説明書の内容も同じです。

強いて言うならば、赤外線センサーの名前が「3Dムーブアイ」から「部屋干しおまかせムーブアイ」に変わっている程度で、性能的な違いはありません。

ナナ
家電によくある型番変更だけのモデルチェンジだね!

 

ということは、おすすめモデルの決め手は価格だけ。

この記事ではシリーズの価格推移の傾向を把握したうえで、各モデルの現状の値段を比較して、今おすすめのモデルを紹介します。

 

MJ-M120SXとMJ-M120RXの価格を比較

それぞれの価格を確認する前に、過去モデルから見えてくる当シリーズの価格推移の傾向を把握しておきましょう。

  • 初値:4万円台中盤
  • 底値:3万円台前半

当シリーズは毎年4月に発売され、発売2~3ヶ月後の梅雨の時期には3万円台の中盤くらいまで安くなる傾向があります。

しかし、8月以降は少し値上がりし、価格の大底を迎えるのは発売1年後の春頃です。

以上の傾向を踏まえた上で、各モデルが今どれくらい安くなっているのかを確認します。

 

MJ-M120SX(2021)の価格

2021年モデル「MJ-M120SX」は2021年4月28日に発売されました。

まだまだ発売からの期間が浅いため価格は高いままです。

モデルチェンジで進化した点もないので、旧モデルと価格が同じになるまでは、あえて新モデルを選ぶメリットはないでしょう。

 

MJ-M120RX(2020)の価格

2020年モデル「MJ-M120RX」は2020年4月21日に発売されました。

はじめての梅雨の時期には3万円台後半まで落ちましたが、夏以降は若干の値上がりを見せました。

秋以降は価格下落が続き、2021年4月には3万円台の前半まで安くなり完全に底値圏となりました。

その後は少し値上がりの気配を見せていますが、まだまだ3万円台を推移しており新モデルより安いです。

 

おすすめモデルとその理由

以上、「MJ-M120SX」と「MJ-M120RX」の違いについて比較しました。

最後に結論的なことをまとめると、今のおすすめモデルは2020年モデル「MJ-M120RX」です。

理由は、新モデルと同性能にも関わらず価格が安いから。

2021年4月が底値のピーク感はありますが、今なお新モデルよりは安い以上、新旧の価格が入れ替わるまでは型落ちモデルがおすすめというのが結論です。

ナナ
価格は日々変動するのでチェックしてみてね!

 

2020年モデル

 

2021年モデル

-除湿機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.