除湿機

【MJ-M100TXとMJ-M100SXの違い】三菱の衣類乾燥除湿機を新旧比較

MJ-M100TX

「MJ-M100TX」と「MJ-M100SX」は三菱電気の衣類乾燥除湿機の「サラリ」シリーズの中でも衣類の乾きムラを検知する「ムーブアイ」搭載タイプ。

両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • MJ-M100TX(発売日:2022年4月21日)
  • MJ-M100SX(発売日:2021年4月28日)

 

ナナ
中身は何が違うの?

さっそく結論となりますが、新旧モデルの違いは1点のみで、具体的には次のとおり。

新旧の違い

新モデルでは搭載フィルターが2枚になり、アレル物質・ウイルスの抑制を強化。

 

当記事では、家電アドバイザーの資格を持っている筆者が両モデルの違いを詳しく解説します。

さらに、機能差だけでなく、現時点の価格差も比較することで、今コスパの高いおすすめモデルを検証します。

 

MJ-M100TXとMJ-M100SXの違い

2022年のモデルチェンジでは、除湿機能に関する部分は変更がなく、空気清浄的な役割を果たすフィルター部分のみの変更です。

除湿機は室内の空気を吸引し、湿気を抜いて部屋に乾いた空気を戻しますが、吸引時にフィルターを通すことで、菌などの捕集が期待できます。

旧モデルでは「プラチナ抗菌フィルター」1枚のみでしたが、新モデルでは「トリプルバリアフィルター」を搭載しダブルフィルターとなりました。

MJ-M100TX
(新モデル)
・トリプルバリアフィルター
・プラチナ抗菌フィルター
MJ-M100SX
(旧モデル)
・プラチナ抗菌フィルター

 

「トリプルバリアフィルター」とは、レーヨン繊維に人工酵素を化学的に固定したフィルターのこと。

フィルターでキャッチしたウイルス・菌・アレル物質などを人工酵素が抑制する効果が期待できます。

トリプルバリアフィルター

 

そのほかの機能やスペックは同じで、主なスペックは次のとおりです。

除湿方式 コンプレッサー方式
除湿能力 50Hz:9L/日
60Hz:10 L/日
センサー 部屋干しおまかせムーブアイ
湿度センサー
温度センサー
除湿面積の目安
(一戸建木造和室)
50Hz:〜11畳(19㎡)
60Hz:〜13畳(21㎡)
除湿面積の目安
一戸建プレハブ洋室
50Hz:〜17畳(29㎡)
60Hz:〜19畳(32㎡)
集合住宅
コンクリート洋室
50Hz:〜23畳(38㎡)
60Hz:〜25畳(42㎡)
電気代の目安
(1時間あたり)
50Hz:6.6円
60Hz:7.4円
運転音 強:47dB
弱:39dB
衣類乾燥標準:49dB
夜干し:39dB
洗濯物の量 約6kgまで
排水タンク容量 約3.0L自動停止
連続排水 市販のホースで可能
使用可能温度 7℃〜40℃
外形寸法 高さ534×幅360×奥行210mm
質量 12.7kg
電源コード 1.8m

 

MJ-M100TXとMJ-M100SXの価格を比較

ここまで「MJ-M100TX」と「MJ-M100SX」の機能差を紹介しましたが、ここからは両モデルの価格差を確認します。

それぞれの価格を確認する前に、過去モデルから見えてくる当シリーズの価格推移の傾向を把握しておきましょう。

  • 初値:4万円台前半~中盤
  • 底値:2万円台の中盤
ナナ
以上を踏まえて、各モデルをチェックしてみよう!

 

MJ-M100TXの価格

2022年4月発売の新モデル「MJ-M100TX」の発売時価格は、安いものでは4万円台の中盤くらい。

その後、少し価格を下げて2022年6月時点では、3万円台の中盤くらいまで安くなりました。

底値ではありませんが、新旧比較ではすでに旧モデルと価格が並んできています。

機能的にも新モデルの方が優秀なので、現時点では新モデル「MJ-M100TX」推しです。

 

MJ-M100SXの価格

2021年4月発売の旧モデル「MJ-M100SX」は、2021年秋以降は3万円を切っており、価格的におすすめでしたが、2022年5月以降は価格上昇傾向に。

新モデルと入れ替わるような形となっており、低価格というアドバンテージを失いつつあります。

セール等で安いものを見かけると選択肢となりえますが、同価格帯であれば新モデルの方が良いでしょう。

ナナ
Amazonではヒットしないことが多いよ

 

以上、「MJ-M100TX」と「MJ-M100SX」の違いを解説しました。

-除湿機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.