除湿機

【MJ-P180TXとMJ-P180SXの違いは1つ】三菱の除湿機を新旧比較

MJ-P180TX

「MJ-P180TX」と「MJ-P180SX」は、両方とも三菱電気の衣類乾燥除湿機でハイパワータイプに位置づけられるモデル。

両モデルは発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • MJ-P180TX:2022年4月発売
  • MJ-P180SX:2021年4月発売

 

ナナ
両モデルの違いは?

結論から書くと、両モデルの違いは次の1点のみ。

新旧の違い

新モデル「MJ-P180TX」では、トリプルバリアフィルターを搭載。

 

当記事では、家電アドバイザーの資格を持つ筆者が、上記の違いについて解説します。

さらに、現時点の両モデルの価格を比較することで、機能差と価格差の2つの視点で、今コスパの高いおすすめモデルがどっちなのか検証します。

 

MJ-P180TXとMJ-P180SXの違い

はじめに書いたとおり、「MJ-P180TX」と「MJ-P180SX」の違いは「トリプルバリアフィルター」の搭載有無。

トリプルバリアフィルターとは、レーヨン繊維に人工酵素を化学的に固定したフィルターのこと。

フィルターでキャッチしたウイルス・菌・アレル物質などを人工酵素が抑制する効果が期待できます。

トリプルバリアフィルター

 

ナナ
両モデルの搭載フィルターをまとめてみたよ!
MJ-P180TX
(新)
・トリプルバリアフィルター
・プラチナ抗菌フィルター
MJ-P180SX
(旧)
・銀イオン抗アレルフィルター
・プラチナ抗菌フィルター

当シリーズは2枚のフィルターを搭載しており、プラチナ抗菌フィルターは両モデルの共通。

もう1枚の「銀イオン抗アレルフィルター」が、「トリプルバリアフィルター」へ変更となり、ウイルス・菌の抑制を強化した形です。

ナナ
除湿スペックは変更なく、空気清浄機的な機能の部分が進化したイメージだね!

 

そのほかの機能やスペックは次のとおりで、両モデルとも同じで、主なスペックは下表のとおりです。

除湿方式 コンプレッサー方式
除湿能力 50Hz:15.5L/日
60Hz:18 L/日
センサー 湿度センサー/温度センサー
除湿面積の目安
(一戸建木造和室)
50Hz:〜19畳(32㎡)
60Hz:〜23畳(38㎡)
除湿面積の目安
一戸建プレハブ洋室
50Hz:〜29畳(49㎡)
60Hz:〜35畳(57㎡)
集合住宅
コンクリート洋室
50Hz:〜39畳(64㎡)
60Hz:〜45畳(75㎡)
電気代の目安
(1時間あたり)
50Hz:8.9円
60Hz:10.5円
運転音 強:46dB
弱:38dB
衣類乾燥標準:47dB
夜干し:38dB
洗濯物の量 約6kgまで
排水タンク容量 約4.7L自動停止
連続排水 市販のホースで可能
使用可能温度 1℃〜40℃
外形寸法 高さ594×幅372×奥行281mm
質量 14.9kg
電源コード 1.8m
ナナ
50Hzと60Hzは地域別の電源周波数の違い!東日本は50Hzを、西日本は60Hzを見ればOKだよ!

 

MJ-P180TXとMJ-P180SXの価格を比較

「MJ-P180TX」と「MJ-P180SX」の価格を確認する前に、過去モデルから見えてくる当シリーズの価格推移の傾向を把握しておきましょう。

  • 初値:5万円前後
  • 底値:3万円台の前半

以上の傾向を踏まえた上で、各モデルの価格を確認していきます。

 

MJ-P180TXの価格

2022年4月21日に発売された新モデル「MJ-P180TX」の発売時価格は5万円前後でした。

発売翌月の5月には4万円前後まで価格を落としていましたが、6月に入りわずかに上昇傾向。

旧モデルとの比較では、すでに新モデルの方が価格が安い状態です。

機能的にも新モデルの方が優れているので、2022年6月時点では新モデル「MJ-P180TX」がおすすめです。

 

MJ-P180SXの価格

2021年4月28日に発売された旧モデル「MJ-P180SX」は、2022年4月頃までは底値圏となる3~3.5万円あたりを推移しておすすめでした。

2022年5月以降は、市場の在庫減少とともに価格上昇(高額なものが売れ残るため)。

先述のとおり、新モデルよりも高額となったため、選ぶ理由がなくなってしまいました。

ナナ
在庫なしでAmazonではヒットしないことが多いよ

 

以上、「MJ-P180TX」と「MJ-P180SX」の違いの解説でした。

-除湿機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.