ホットクック

KN-HW10GとKN-HW10Eの違いは?ホットクック新旧比較

KN-HW10G

「KN-HW10G」と「KN-HW10E」は、共に1~2人用ホットクックで発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • KN-HW10G:2021年9月発売
  • KN-HW10E:2019年11月発売

※2020年発売モデルはなし

 

上位機種である1.6L型や2.4L型のモデルの歴史は古いですが、この記事で比較する1.0Lの小型モデルは2019年からの比較的新しいシリーズ。

デメリットとされがちなサイズの大きさをカバーし、コンパクト低価格を特徴とする当シリーズにもついに後継機種が誕生しました。

 

ナナ
新旧モデルでは何が違うの?

結論から書くと、搭載メニュー数に若干の差があるものの機能的な変更点はありません

リリース情報などを確認すると、次の2つの新機能が紹介されていますが、これはアプリ機能のアップデートなので旧モデルにも対応しています。

2つの新機能

  • 使いこなし応援機能
  • クックリスト機能

 

これらの新機能によりホットクックの利便性が向上したのは間違いありませんが、旧モデルでも使えるという点がポイント

次の写真は、わが家で活躍している旧型「KN-HW10E」のものですが、新機能(上2つ)にも対応していることが分かりますね。

新機能にも対応する旧モデルKN-HW10E

 

つまり、機種本体の性能差はほとんどないと言えるので、個人的には選ぶときに重視すべきは、新旧の価格差かなと感じています。

そこで、この記事では、もう少し機能差について掘り下げた後に、両モデルの価格差を比べることで、今おすすめのモデルを検証します。

 

KN-HW10GとKN-HW10Eの違い

新旧モデルの実質的な違いは搭載メニュー数の違いのみです。

メニュー数の比較

KN-HW10G(新)
→ 86(自動メニュー70/手動メニュー16)

KN-HW10E(旧)
→ 80(自動メニュー63/手動メニュー17)

 

新モデルの方が少しだけメニュー数が多いです。

メニューのマンネリ化はホットクック初心者のあるあるなので、メニュー数が少しでも多いのは魅力的ですね。

ただし、新旧両モデルともWi-Fi対応機種なので、無線LANによりネット接続すれば、追加メニューをダウンロードすることができます。

ナナ
初期搭載メニューだけが全てじゃないよ!

 

新旧モデル共通の新機能紹介

冒頭に書いたとおり「使いこなし応援」「クックリスト」という2つの新機能は、旧モデルでも利用できます。

なので、新旧の違いではないのですが、機能としては新しいものなので、どんなものか紹介しておきましょう。

 

クックリスト機能

小型タイプのホットクックに搭載されているメニュー数は80程度。

メニュー数に物足りなさを感じてきたときに活躍するのが、アプリ連携でネットからダウンロードできる追加メニューです。

 

例えば、次の写真は勝間和代さんの考案した「野菜蒸し」レシピをダウンロードする様子。

レシピダウンロードスマホ側

レシピダウンロードホットクック側

アプリからメニュー送信すると、無線LANで受信したホットクックにメニューが追加されます。

 

従来は、ひとつひとつ選んでメニューの追加登録をしていましたが、新しい「クックリスト」機能では、テーマごとに厳選された複数のメニューをまとめて登録することが可能。

「旬食材」「お手軽ランチ」「世界の煮物」などのテーマ内に複数のメニューレシピがあり、テーマ単位でまとめてダウンロードするイメージです。

 

テーマ「旬の食材7月~8月」をダウンロードする様子はこんな感じ。

アプリ側のクックリリスト

ホットクック側のクックリリスト

ナナ
献立を考える手間が軽減されるよ!

 

使いこなし応援機能

使いこなし応援機能

もうひとつの新しいアプリ機能である「使いこなし応援」機能は、次の複数メニューから構成されており、料理のレパートリーが自然に広がるようにサポートしてくれます。

 

使いこなし応援機能のメニュー

  • ステップアップメニュー(利用状況に合わせたメニュー提案)
  • 料理ジャンルおすすめ
  • ヘルシオ教室案内(オンライン料理教室)
  • ホットクック部をみる(ユーザー独自レシピを閲覧できるファンコミュニティ)
  • 使いこなし度をみる(1~99の範囲でレベルアップ)

ヘルシオ教室やホットクック部のボタンを押すと、ホットクックの画面にQRコードが表示されるので、スマホで読み取る仕組み。

 

「何を作ればいいか迷う」「レシピのマンネリ化」などの悩みをサポートしてくれるのが「使いこなし応援」機能です。

 

KN-HW10GとKN-HW10Eの価格の違い

ここまで新旧の違いや新機能の紹介をしてきましたが、実質的な新旧モデルの差はメニュー数の違いだけと言えます。

ここからは、その差に価格差ほどの価値があるのか検証していきたいと思います。

 

KN-HW10G(新)の価格

新モデルの発売は2021年9月中旬ですが、予約価格は47,000~49,000円といったところが多い印象。

発売後、徐々に価格は下がっていくでしょうが、機能差がメニュー数だけなので新旧の価格差が縮まるまでは微妙です。

 

KN-HW10E(旧)の価格

旧モデル「KN-HW10E」も2019年11月の発売時は4万円台の後半でしたが、2020年以降は3万円台で推移しています。

2021年8月時点では、3万円台の前半の価格帯なので、機能差と価格差を天秤にかけると旧モデルがおすすめです。

 

以上、少人数向けホットクックKN-HW10GとKN-HW10Eの違いをお届けしました。

-ホットクック

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.