ホットクック

KN-HW24GとKN-HW24Fの違いは?ホットクック新旧モデルを比較

KN-HW24G

「KN-HW24G」と「KN-HW24F」は、最も容量が大きいタイプのホットクックで、発売年の異なる新旧モデルの関係です。

  • KN-HW24G:2021年9月発売
  • KN-HW24F:2020年9月発売

 

ナナ
中身の違いは?

新旧モデルを比較して違いがある部分は主に次の3つ。

新旧の違い

  • ネックだった横幅サイズがコンパクトに
  • まぜ技機能の進化
  • 2段同時調理のレシピ化

 

この記事では、これらの違いについて詳しく解説したうえで、両モデルの価格も比較し、今おすすめの機種を検証します。

ナナ
機能差と価格差を天秤にかけることが重要だね!

 

KN-HW24GとKN-HW24Fの違い

冒頭にも書いたように新旧モデルの違いは3つです。

  • 横幅がコンパクトになった
  • まぜ技機能が進化した
  • 2段同時調理のレシピ化
ナナ
順番に解説するね!

 

新モデルは本体幅が13%削減

新モデル「KN-HW24G」の横幅は34.5cmで、旧モデルの39.5cmに比べて5cm(約13%)サイズダウンしました。

ホットクック定番のデメリットの声と言えば横幅の大きさなので、その点が解消されたのは嬉しいですね。

なお、横幅の代わりに少しだけ高さを出すことで調理容量は変わらずに2.4Lをキープしています。

幅×奥行×高さ
KN-HW24G 345mm×305mm×256mm
KN-HW24F 395mm×305mm×249mm
ナナ
キッチンは家電の設置場所に悩みがちだから横幅が小さいのは助かるね!

 

まぜ技機能の進化

まぜ技ユニット

上の写真は、わが家の小型モデルのものですが、かぎ爪がついた「まぜ技ユニット」が調理中に自動でかき混ぜてくれることで焦げつきを防止します(2.4Lモデルのかぎ爪は2本)。

これまで「まぜ技ユニット」は加熱中にのみ活用されていましたが、新モデルでは加熱前後の準備・仕上げ段階でも使用されるようになりました。

例えば「食材を下茹でして潰す」といった下準備までホットクックに任せられるので、調理時間のさらなる短縮が可能です。

 

さらに最大回転スピードを従来機種の2倍にすることで、ホイップクリームなど泡立てが必要な調理をより簡単にできるようになった点も今回の進化のポイントです。

ナナ
お菓子作りが簡単になったよ!

 

2段同時調理のレシピ化

2段同時調理とは、付属の蒸しトレイを使用して、内鍋を上段・下段に分けて同時に調理する機能です。

例えば「酒の肴セット」では、上段の蒸しトレイに枝豆を、下段には肉豆腐をセットしてボタンを押すだけ。

2段調理

 

すると、同時に2品完成するという素晴らしい時短メニューです。

2段調理で作った料理

 

旧モデルにも蒸しトレイは付属していますが、用途は蒸し料理(1品)に使用するのみで、2段調理レシピはメニュー化されていませんでした。

旧モデルでも自動調理で設定すれば2段調理は可能ですが、レシピを調べて設定する手間などが面倒くさいのが難点。

 

その点、新モデルでは、2段調理のレシピが初期搭載(メニュー集にも掲載)されているので、ボタンを押すだけで簡単に2段調理できるのが魅力です。

ナナ
2段調理レシピの数は多くないけど便利な機能だよ!

 

新旧モデル共通の新機能

新モデル「KN-HW24G」のリリース情報を見てみると、新機能として次の2点が紹介されています。

新機能

  • クックリスト機能
  • 使いこなし応援機能

 

しかしこれらは、ホットクック本体に搭載された機能ではなく、アプリ機能のアップデートで追加されたもの。

旧モデル「KN-HW24F」もアプリ連携対応(Wi-Fi対応)機種なので、2つの新機能を利用できます

つまり、新旧モデルを比較するうえでは差はないのですが、一応新機能なのでサクッと紹介します。

 

クックリスト機能

ホットクックは初期搭載メニューのほか、無線LAN接続でネット上から新しいレシピをダウンロードすることもできます。

例えば、次の写真は勝間和代さんの考案した「野菜蒸し」をダウンロードする様子。

レシピダウンロードスマホ側

レシピダウンロードホットクック側

アプリから送信するとホットクック側でレシピを受信する仕組みです。

 

新機能「クックリスト」では、テーマごとにまとめられた複数レシピを一括ダウンロードできます。

例えば、「旬の食材7月~8月」をダウンロードした様子がこちら。このテーマの中に6つのレシピが入っているので献立を考えるのが楽です。

アプリ側のクックリリスト

ホットクック側のクックリリスト

右の写真の型番は「KN-HW10E」と書いてあるとおり、わが家のホットクックは小型タイプの旧モデル(2019年発売)ですが、新機能である「クックリスト」が使えています。

 

使いこなし応援機能

使いこなし応援機能

「使いこなし応援」機能は、次の5つのメニューから構成されるサポート機能。

  • ステップアップメニュー
  • 料理ジャンルおすすめ
  • ヘルシオ教室案内
  • ホットクック部をみる
  • 使いこなし度をみる

 

ステップアップメニューでは、ホットクック初心者から使いこなすベテランまでレベルに合わせたメニュー提案をしてくれます。

また、「ヘルシオ教室(オンライン料理教室)」や「ホットクック部(ユーザー独自レシピを閲覧できるファンコミュニティ)をみる」というボタンを押すとQRコードが表示されてスマホでアクセスする仕組みです。

ナナ
料理初心者でも自然とレパートリーが増えるように応援してくれる機能が満載だね!

 

KN-HW24GとKN-HW24Fの価格の違い

ここまで「KN-HW24G」と「KN-HW24F」の機能的な違いを解説してきましたが、改めてまとめてみましょう。

新旧の違い

  • 横幅サイズの減少
  • まぜ技機能の進化
  • 2段同時調理のレシピ化

 

この3つの機能差に対して価格差分の価値を感じるかが新旧比較では重要です。

ということで、ここからは両モデルの価格を確認していきましょう。

 

KN-HW24G(新)の価格

新モデル「KN-HW24G」の発売日は2021年9月中旬ですが、予約価格は77,000円のところが多い印象です。

家電は発売後に徐々に価格が下がっていきますが、価格が逆転するのはまだ少し先のことでしょう。

置き場所に余裕がない場合は新モデルをおすすめできますが、そうでなければ今はまだ価格差と機能差が釣り合っていない気がします。

ということで個人的にはしばらく旧モデル推しです。

 

KN-HW24F(旧)の価格

旧モデル「KN-HW24F」も2020年9月の発売当初は7万円台の後半くらいでした。

2020年の年末あたり以降は5万円台を推移しており、2021年8月時点では5万円前後というところでしょうか。

機能は新モデルが優れますが、価格差がもう少し縮まるまでは旧モデルがおすすめです。

 

以上、ホットクック「KN-HW24G」と「KN-HW24F」の違いをお届けしました。

-ホットクック

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.