パナソニックの除湿機

【F-YHUX120とF-YHTX120の違いは5つ】ハイブリッド衣類乾燥除湿機の新旧モデル比較

F-YHUX120

「F-YHUX120」と「F-YHTX120」は、共にパナソニックの衣類乾燥除湿機のスタンダードタイプ。

除湿方式には、コンプレッサー式とデシカント式の利点をまとめた「ハイブリッド方式」を採用する点が特徴で、年中活躍するモデルです。

そんな両モデルは、発売年の異なる新旧モデルの関係。

  • F-YHUX120(2021年4月発売)
  • F-YHTX120(2020年5月発売)

 

ナナ
性能に違いはあるの?

細かな点も含めると、「F-YHUX120」と「F-YHTX120」には5つの違いがあります。

基本の除湿性能は変わらず、モードの見直しや送風効率の改善がメインですが、トータルでは改良方向へのモデルチェンジだと感じました。

損なく最適な1台を選ぶためには、改良点の把握と、それに見合う価格差があるのか検証が必要です。

そこで、この記事では、両モデルの違いの詳細を解説したうえで、価格を比較して、今おすすめの1台を紹介したいと思います。

 

関連記事

全機種比較のうえ、型落ちも含めて今のお買い得を検証

→ パナソニック衣類乾燥除湿機の特徴・選び方・全機種比較

 

F-YHUX120とF-YHTX120の違い

「F-YHUX120」と「F-YHTX120」の違いは主に5つです。

  • 梅雨モードと冬モードの追加
  • 少量速乾モードがなくなった
  • ツインルーバーの採用
  • 本体カラーの変更
  • わずかな電気代仕様の変化
ナナ
順番に解説するよ!

 

梅雨モードと冬モードの追加

運転モードの種類

引用:パナソニック公式

上の写真は、本体の操作パネル部分のものですが、ご覧のとおり「F-YHUX120」と「F-YHTX120」には、3つの運転モードが存在します。

  • 衣類乾燥
  • 除湿
  • ケア

 

2021年モデル「F-YHUX120」では、このうち衣類乾燥運転の中に「梅雨モード」と「冬モード」が新しく追加されました。

 

追加された新モード

「梅雨モード」とは、衣類乾燥が終わった後に、自動で除湿運転を行うモードのこと。

衣類への湿気戻りと室温上昇を防げるので、湿気が多い梅雨の時期に活躍するモードです。

 

「冬モード」とは、衣類乾燥時に部屋が乾燥し過ぎないように、約40~60%の湿度をキープしながら衣類乾燥するモード。

空気の乾燥しやすい冬の時期におすすめのモードです。

ナナ
季節に合わせて無駄なく衣類乾燥できるような運転モードが追加されたんだね!

 

「少量速乾モード」がなくなった

新モードが2つ追加された代わりに、2021年モデルでは「少量速乾モード」がなくなりました。

「少量速乾モード」とは、2枚程度の衣類を最短約20分で乾かすモード。

明日必要な「子供の体操服やユニフォーム」「仕事用のYシャツ」などをピンポイントで乾燥させるのに便利なモードでした。

 

ナナ
なくなると困らないの?

「少量速乾モード」はなくなりましたが、通常の「速乾モード」は残っています。

「速乾モード」と「少量速乾モード」それぞれの仕様上の除湿力や消費電力は変わらないことから、両モードの違いは出力ではなく、主に送風等がメインと考えられます。

となれば、「速乾モード」で代用できそうなので、「少量速乾モード」がなくなっても、致命的な仕様変更とはいえないでしょう。

 

ツインルーバーの採用

ツインルーバー

2021年モデル「F-YHUX120」では、ツインルーバーが新搭載されました。

左右の送風ルーバーが独立して動くので、スイングスピードや送風方向などを使い分け、効率的に洗濯物を揺らします。

洗濯物を揺らすことで、詰めて干した洗濯物の隙間にも効率よく送風できるので、干すスペースが少なくても安心です。

 

カラーバリエーションの変更

カラーバリエーション

両モデルはカラーバリエーションが異なります。

  • F-YHUX120(2021):ミスティグレー(H)
  • F-YHUX120(2020):シルキーシャンパン(N)

 

ただし、上の写真を見て分かるとおり、正直そんなに変わりません。

個人的には、色味への強いこだわりがなければ、判断要素にはならないと感じます。

 

わずかな電気代仕様の変化

「F-YHUX120」と「F-YHTX120」の両モデルのスペックは基本的に同じです。

今回のモデルチェンジは、除湿力(本質的な性能)の改善ではなく、運転モードの改変や送風効率などがメイン。

なので、スペックを見比べても、仕様値はほぼ同じですが、唯一の違いを挙げるなら、衣類乾燥時の1時間あたりの電気代目安が、60Hz(西日本)で安くなっています。

と言っても、1時間あたり19.5円から19.4円に安くなっただけで、実質的な仕様の違いはないと言っても過言ではないでしょう。

 

価格の比較

以上が「F-YHUX120」と「F-YHTX120」の性能の違いでしたが、ここからは価格の比較です。

まずはサクッと当シリーズの価格推移の傾向は掴みましょう。

  • 発売時の初値は5万円台
  • 底値は4万円台

型落ちモデルの価格推移を参考にするとこんな感じでしょうか。

この傾向を踏まえて、各モデルが今どれくらい安くなっているかをチェックします。

 

「F-YHTX120(2020)」の価格

型落ちの2020年モデル「F-YHTX120」は、2021年2~4月頃は4万円台の底値圏を推移しておりおすすめでしたが、2021年5月以降は値上がり傾向にあります。

すでに後継機種の方が価格が安いことが多く、最新モデルの方がおすすめです。

 

「F-YHUX120(2021)」の価格

2021年モデル「F-YHUX120」は、先述のとおり今おすすめのモデル。

まだそこまで値は落としていませんが、当シリーズの価格推移の傾向として、値下がり率が低く底値はそこまで安くなりません。

2021年夏時点では、型落ちより安いことが多いので推しモデルとしています。

 

結論!おすすめは?

以上、「F-YHUX120」と「F-YHTX120」の機能と価格を比較して、両モデルの違いについて解説しました。

結論としては、すでに言及したところですが新モデル「F-YHUX120」がおすすめです。

理由は、ルーバー等の性能的な進化があるうえ、価格も型落ちよりも安いからですね。

ナナ
でも日々ネット価格は変動するので、一応新旧チェックしてみてね!

 

おすすめ|F-YHUX120(2021)

 

型落ち|F-YHTX120(2020)

-パナソニックの除湿機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.