除湿機

【F-YZTX60とF-YZSX60の違いは1つ】ナノイー搭載除湿機の新旧モデル比較

F-YZTX60

「F-YZTX60」と「F-YZSX60」は、両モデルともナノイーを搭載するパナソニックの除湿機で、新旧モデルの関係にあたります。

  • F-YZTX60(2020年4月発売)
  • F-YZSX60(2019年4月発売)

 

軽量コンパクトでナノイーによる除菌・消臭を売りとした当シリーズですが、新旧モデルの違いはひとつだけでカラー展開が異なるだけ。

見た目も、中身も同じなのです。家電によくある、型番名だけの更新ですね。

ナナ
ということは、価格重視で選べばOK!

 

この記事では、唯一の違いであるカラー展開をさくっと紹介したうえで、両モデルの価格推移を比較し、いま買いの型番を探っていきます。

 

カラーバリエーションの違い

F-YZTX60のカラーバリエーション

まずは、新モデル「F-YZTX60(2020)」からですが、上の写真のとおり2色展開となっています。

  • シルバー(S)
  • ホワイト(W)

 

続いて、旧モデル「F-YZSX60(2019)」です。

F-YZSX60のカラーバリエーション

2色展開であることに違いはありませんが、カラーに少しだけ違いがあることがわかります。

  • シルバー(S)
  • ゴールド(N)

 

ちなみに、カラーの横に記載したアルファベットは、カラー記号を表し、型番の最後にひっついて、そのモデルのカラーを表現します。

例えば、新モデルのホワイトなら、「F-YZTX60-W」という形です。

 

ナナ
新旧の違いはこれだけなんだね
カラーに強いこだわりがなければ、次に紹介する価格を比較して安い方を選ぶのがお得かな!
ハチ

 

価格を比較

両モデルの価格を比較する前に、当シリーズの価格推移の傾向を確認しましょう。

当モデルは、これまで毎年4月に新モデルが発売されてきました。

過去モデルから考察する傾向としては、まず4月の発売時期には初値で38,000円前後をつけます。

その後、6月中旬には、底値である2万円台前半まで安くなり、梅雨明けに少し値上がり傾向がありつつも2万円台中盤で推移。

最終的には、次年度モデルと入れ替わるように、3万円前後まで価格が上がり、市場からフェードアウトという印象です。

ナナ
除湿機が一番活躍する梅雨の時期には、最新モデルも底値になるんだね!

 

結論としては、6月中旬に買うなら4月に発売されたばかりの新モデルがおすすめ。

その他の時期は、タイミング次第なので、価格比較をして安い方がおすすめ、という感じでしょうか。

以上を踏まえて、「F-YZSX60(2019)」と「F-YZTX60(2020)」両モデルの価格の動きを検証してみましょう。

 

F-YZSX60(2019)の価格推移

「F-YZS60(2019)」は、2019年4月に発売され、シリーズの傾向どおり、約37,000円の初値をつけました。

その後、順調に価格が下がっていき、6月中旬には底値圏である2万円台前半に到達。

2020年3月頃までは底値圏を推移していましたが、その後は、新モデルと入れ替わるように価格上昇。

今では、3万円オーバーで、買うメリットがありません。

 

F-YZTX60(2020)の価格推移

一方の「F-YZTX60(2020)」は、やはりシリーズの傾向どおり、2020年4月の発売時には約38,000円の値をつけました。

その後、順調に値を下げ、6月も後半に差し掛かろうかというタイミングで25,000円のラインを下回って底値圏へ。

梅雨明けに合わせて、少し価格上昇した後、2万5千円前後で推移して今に至ります。

ナナ
ほぼ底値圏なのでおすすめだよ!

 

結論!今のおすすめモデルは?

以上、ナノイー搭載モデル「F-YZTX60(2019)」と「F-YZSX60(2020)」の新旧比較を行いました。

改めてまとめると、カラー展開は違えど、性能部分は同じなので、価格を中心に選ぶと間違いないかと思います。

結論としては、2021年2月の執筆時点では、新モデル「F-YZS60(2020)」がおすすめです。

ほぼ底値圏の値段を維持しているので、次もモデルチェンジがない前提で言えば、2021年モデルの値下げを待つメリットは薄いのかなと感じます。

-除湿機

Copyright© 78Lifelog , 2021 All Rights Reserved.