空気清浄機

【F-VC55XV・F-VXV55・F-VC55XU・F-VXU55の違い】パナソニック空気清浄機を比較

F-VXV55

「F-VC55XV・F-VXV55・F-VC55XU・F-VXU55」は、それぞれパナソニック空気清浄機のうち、加湿機能ありのスタンダードモデル。

4モデルの違いを理解するためには、次の2つの基準で分類するのが分かりやすいです。

  • 新旧モデルの違い
  • 販売する場所の違い

 

まずは、4モデルを発売年の異なる新旧モデルの軸で分類すると次のとおり。

新モデル
(2022年発売)
F-VC55XV
F-VXV55
旧モデル
(2021年発売)
F-VC55XU
F-VXU55

新旧比較では、機能差を比較することが重要です。

ナナ
「V」が2022年式、「U」が2021年式だよ!

 

続いて、販売される場所の違いで分類すると次のとおり。

家電量販店モデル F-VC55XV
F-VC55XU
オリジナルモデル F-VXV55
F-VXU55

家電量販店モデルとオリジナルモデルは型番が違うだけで中身は同じなので安い方を選ぶのが正解です。

 

要は「発売された年」と「売っている場所」が違うだけ。

選ぶ時の流れとしては、新旧の機能差を比較した後に、気になる年式の販路違いの安い方を選ぶと失敗が少ないでしょう。

 

当記事では、新旧の機能差を紹介したうえで、現時点の各モデルの価格を比較。

機能差と価格差の2つの視点で、今おすすめのモデルがどれなのか、家電アドバイザー有資格者の目線で比較検討します。

 

F-VC55XV・F-VXV55・F-VC55XU・F-VXU55の違い

先述のとおり、販路違いのモデルは性能は同じです。

例えば、公式HP等で「F-VXV55」と記載されるものは、家電量販店のパンフレットでは「F-VC55XV」と紹介されています。

なので、以降では新旧モデルの機能差をチェックしていきます。

 

ナナ
最新2022年モデルの主な変更点は次のとおり!

新モデルの進化点

  • フラットデザインを採用
  • ナノイーのグレードUP
  • トリプルフロー花粉撃退気流を搭載
ナナ
順番に詳しく解説するよ!

 

フラットデザインを採用

旧モデルは少し丸みを帯びたフロントでしたが、新モデル「F-VC55XV(F-VXV55)」ではフラットデザインを採用しました。

ナナ
次の左側が新モデルで、右側が旧モデルの外観だよ!

F-VXV55とF-VXU55のデザイン比較

 

新モデルのキュービックフォルムは上位機種と同系のデザインで、インテリアへの調和を目指した外観となっています。

デザインは好みの問題ですが、2022年のモデルチェンジで雰囲気がガラッと変わったので、新旧比較において重要なポイントです。

 

ナノイーのグレードUP

新モデルでは、次表のとおり「ナノイー」のグレードが向上しました。

年式 グレード OHラジカル
生成数/秒
【2022年】
F-VC55XV
F-VXV55
ナノイーX4.8兆 4.8兆個
【2021年】
F-VC55XU
F-VXU55
ナノイーX 4,800億個

 

2021年以降、「ナノイー」にはグレードが4種類存在します。

  • ナノイー
  • ナノイーX 4.8兆
  • ナノイーX 9.6兆
  • ナノイーX 48兆

 

上記グレードの違いは「OHラジカル」の生成量にあります。

「OHラジカル」は水素と結合しやすく、菌やアレル物質の表面から水素を奪うことで、菌やアレル物質の働きの抑制が期待できます。

上位グレードの「ナノイー」ほど、OHラジカルの生成量が多く、花粉やニオイなどの抑制スピードが速くなるのがポイント。

新モデルでは「ナノイーX4.8兆」を採用し、OHラジカルの生成量が旧モデルの10倍のため、アレル物質・ニオイ対策などを重視する場合は新モデルがおすすめです。

 

トリプルフロー花粉撃退気流を搭載

新モデルで採用された「トリプルフロー花粉撃退気流」とは、3方向に風を吹き出す気流制御の仕組みのこと。

空気を効率よく循環させることで、花粉の集塵量が向上しました。

10畳の試験空間において、新旧の花粉モードで比較した場合、新モデルでは「トリプルフロー花粉撃退気流」により、旧モデルの1.5倍の花粉の集塵に成功したそう。

ナナ
花粉対策を重視するなら新モデルがおすすめかな!

 

F-VC55XV・F-VXV55・F-VC55XU・F-VXU55の価格を比較

ここまで新旧モデルの主な機能差を紹介してきました。

ここからは各モデルの現時点の価格を比べることで、コスト面も含めておすすめモデルを検証していきましょう。

 

F-VC55XV(2022・量販店)の価格

2022年11月発売の量販店モデル「F-VC55XV」の予約時価格は、2022年9月末時点では7万円前後が多いようです。

発売時に向けて価格は下がることが予想されますが、過去モデルを参考にすると、発売時には5万円台くらいのスタートとなりそうです。

当シリーズの底値は2~3万円台となることが多いですが、旧モデルは既に底値圏に入っています。

新モデルは、ナノイーや花粉集塵気流の点で旧モデルより優れるうえに、デザインも個人的には高評価ですが、旧モデルとの価格差が大きく悩ましい状態です。

ナナ
高額だけど機能や外観が気になる場合は選択肢となりえるかな!

 

F-VXV55(2022・オリジナル)の価格

2022年11月発売のオリジナルモデル「F-VXV55」は、2022年9月末時点ではネット上の出品がまだ見当たりません。

先述の量販店モデルと機能差がないので、おそらく大きな価格差はないでしょう。

もし新モデルに惹かれる場合は、量販店モデルとオリジナルモデルの安い方を選ぶのが正解です。

 

F-VC55XU(2021・量販店)の価格

2021年9月発売の量販店モデル「F-VC55XU」は、いま価格的におすすめのモデルです。

発売時価格は5万円台の前半でしたが、徐々に価格が下がり2022年10月時点では安いもので3万円台の前半を推移しています。

新モデルと比べた際に、機能差や外観が気にならないのであれば、価格重視の方にとって有力な選択肢となるでしょう。

 

F-VXU55(2021・オリジナル)の価格

2021年9月発売のオリジナルモデル「F-VXU55」も低価格帯を推移するモデルですが、先に紹介した量販店モデルよりは微妙に高額なことが多い印象

量販店モデルとは「名前が異なる同じもの」なので、価格の安い方を選んでください。

ナナ
価格は日々変動するから一応どっちが安いか比較してみてね!

 

2020年モデル(F-VC55XT・F-VXT55)は選択肢となる?

なお、より古い2020年モデル「F-VC55XT(量販店)」「F-VXT55(オリジナル)」も、2020年10月時点では底値圏を推移しており、まだ推せるモデルです。

後継の2021年モデルとの違いはなく、外観・機能ともに同じです。

価格優先で旧モデルが気になる場合は、2021年・2020年の両年モデルを量販店・オリジナルの別で計4種比較するのが当分はおすすめです。

ナナ
比較対象が多くて大変だけど徹底的に価格にこだわるならおすすめ!

 

F-VC55XT(2020年・量販店)

 

F-VXT55(2020年・オリジナル)

 

結論|今のおすすめモデルは?

結論としては、今のおすすめは2021年・量販店モデル「F-VC55XU」です。

理由は、新モデルよりも圧倒的に安いため。

機能・外観面では新モデルに惹かれますが、個人的には新旧の価格差が大きすぎるように感じます。

やがて新モデルの価格が落ちてくるので、それまでの間は旧モデル推しです。

 

現時点のおすすめモデル

ナナ
在庫があるうちは、より安い可能性のある2020年モデルとの比較もぜひ!

 

以上、パナソニックの加湿空気清浄機「F-VC55XV・F-VXV55・F-VC55XU・F-VXU55」の違いを解説しました。

-空気清浄機

Copyright© 78Lifelog , 2022 All Rights Reserved.